« 夏のおもひで その⑤ | トップページ | 夏のおもひで 最終 »

2010年9月 8日 (水)

夏のおもひで その⑥

みなさん、こんばんは。

関東地方の親愛なるりぐらーのみなさん、こんばんは。

高知は凄い雨です。

さて、引っ張ってきた夏の思い出の話ですが・・・

12日の朝は清々しく。

天気も上々。

9時過ぎに組長からスケジュールの連絡が有り、踊り子さんに伝えます。

何せ始めての事なんで、皆さんバタバタの様で・・・

僕は一応6年前に中央高校で、スタジオスタッフとして参加しましたが、久々の事でイメージが掴めませんでした。

そんなこんなですが、地方車の解体もあるので、車で出発して、さとみぃを拾い、中央公園の地下駐車場に置き、丸の内緑地へ向かいました。

途中アスティアの近くのコンビニで朝ごはんを買い。

踊り子に分かり易いように、旗を持って橋の上で欄干に座っていると。

三人の内、一人の子供が堀の鯉めがけて石を投げてるではありませんか。

誰も注意しないので・・・

『おい!君らどこのチームや!堀に石投げたらいかんやろ!!』っと。

我ながらおっさんになったとは思いましたが、誰かが教えてやらねばなりません。

そして、一発目は高知城ホール。

Img_3481_2

俺の嫌いなステージですが、お立ち台は満足に動けないので、遠慮気味に旗を振り。

Dsc02593

次は追手筋の南側にGO。

時間があるので、さとみぃ、杉パパ、タニ様、さっちゃんと、ひろめで飲み。

ビール2杯で酔っ払い。

そのテンションで踊り。

Img_3509_2_2

次は帯筋にGO・・・

・・・の前に、お金と車のキーを入れた袋が無いcoldsweats02

何処だ・・・

落とした?

必死に来た道を追手筋の会場終わりまで戻ってみるも、無い・・・

2回ほど回ったとこで、追手筋南待ちで、地方車の前に行ったのを思い出し。

帯筋の観客の後ろで、ゆっくりと流れる人込みにイライラしながら抜け。

地方車が止っていた前に到着。

無い・・・ん?

外灯のトランスボックスの上に見たことある袋が・・・

あった!!

たしか、さとみぃの衣装を直すのみ、安全ピンを取り出した時、若頭から電話が掛かってきてそこに置いたみたい・・・

よくぞあったもんだ・・・

慌ててさとみぃと2人で戻り、帯筋を踊り。

Img_3518_2

今年3回目の帯筋は、慣れたもんでした。

Img_3520_2

すっかり旗振りも板に付いて。

他の、どのチームの旗士よりも、面白くやってやると思った、ほんの2日前。

目的は達成できただろうか・・・

そして、次は一番緊張する中央公園。

待ち時間に、MIKAのインスト2人が来てくれてました。

よかったね。凄いね。っと言う言葉を頂き。。。

その後ガソリンを入れまくって、いよいよ開始前。

ボーカルや旗は、舞台裏の袖で待機する事に。

人と言う字を何回飲んだか・・・

Img_3533_2

低血糖かと言うくらいに足が震えて。

Img_3539_2

膝もガクガク・・・

Img_3541_2

空元気でいざ本番へ。

Img_3537_2

えびしばさんの後でした。

そして、最後の追手筋北側。

待ち時間があり、沢山飲んで、食べました。

バタバタしてる本祭とは大違いで・・・

そして、俺のよさこいの楽しみは、全てココにある。

最後の一会場の待ち時間に、今までの一年を振り返る。

地方車作成や、ミーティング、苦しい練習。

あんなに梃子摺った振りが、今はプロのダンサーかと言うくらいに踊れてる。

そう想いにふける、その瞬間が一番楽しい時間なんです。

そして、最後の一会場を踊り。

Img_3545_2

今年のり組の本祭は終わった。

終わった後の解散式で、県外の戦友達と別れます。

363日の別れ。

無期限の別れ。

色々とありましたが、今年も素晴らしいよさこいになりました。

そして、閉会式、授賞式を待たずして、地方車解体に高知新港へ向かいます。

次回は、夏のおもひで最終回。

|

« 夏のおもひで その⑤ | トップページ | 夏のおもひで 最終 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

思い出すと泣けてきますネェ、、
あの、追手筋の歓喜を忘れる事はないだろうなぁ、、

投稿: ナニ | 2010年9月 8日 (水) 22時02分

実際泣いたけどね・・・

最近歳取って、涙もろくなってきたみたいだよ・・・

投稿: り組の帝王 | 2010年9月 9日 (木) 08時03分

先日組長と話をしておりましたところ…

ぺんぺんさんの写真館でオジキとアタクシが

号泣している写真の話になって…

長い人生のうち嬉しくて泣けるなんて

そうそうあることじゃあないよねって…


最後尾から見るり組はそれはそれは素敵ながです。

嬉しさと感動でぐしゃぐしゃでした(笑)


投稿: 杉ママ | 2010年9月 9日 (木) 22時10分

そうそう。

歳を取るにつれて自分事より他人事に感動するようになるでしょ?

それって、自分より他人を大切に考え出した証拠ですよね。

自分の為よりも他人の為に生きなければならない歳になったんですかねぇ・・・

投稿: り組の帝王 | 2010年9月10日 (金) 14時39分

よさこい、やってなかったら嬉しくて号泣とかってなかったろうなって思う。
わたしは県外組だし練習も行けてないけど『り組』の一員だと思って行動してるし、帝王が、グループリーダー決めるとき無言で目線で合図したの嬉しかった。ちょっとでも唯踊る以外にできると思って。賞というより、手作りの『り組』の努力が評価されたのも嬉しかった。

投稿: ponchan | 2010年9月12日 (日) 14時21分

よさこいやって,初めて号泣したなぁ今年は。。。
(詳細はブログでも書きましたが・・・)
3日間でどれだけ涙を流したんだろう
だいたい最初の帯筋から泣いてたし
最後の追手筋は前が見えないし(笑)
やっぱり「り組」で良かった!
こんな素晴らしい仲間がいる
人生の宝物です。


投稿: massy@東京の横綱 | 2010年9月12日 (日) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/49384502

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のおもひで その⑥:

« 夏のおもひで その⑤ | トップページ | 夏のおもひで 最終 »