« 東京へ~最終回~ | トップページ | 梼原へ その弐 »

2010年10月24日 (日)

梼原へ その壱

みなさん、おはようございます。

関東のよさこい友達のみなさん、おはようございます。

やっとの事で試験も終わり。

こんどは部屋の片付けに追われています。

そして、ご存知の通り。

しょーなんです!!

来週から湘南へ研修なんですね。

何て気の休まらない日々でしょう。

気がついたら年越してますね・・・

さておき。

先日、梼原へ仕事に行ってまして。

どうせ梼原に行くなら、河原でバーベキューしよう。

なんて冗談で言った事を、ウチの連中は本気で考えてくれるから、恐ろしいです。

ノリ良すぎだぞ・・・

ちゅー訳で、笑いあり、涙あり、恐怖のワクワクドキドキ梼原ツアーin2010サラリーマン5人組湯煙り殺人事件家政婦は見たかもしれないシリーズ第2弾蒼き彗星の如く事件簿の始まりで。

1日目は通称カマちゃんと、2日で乗り込み。

2日目の昼から、レイ君とセッキーと、仕事先の正社員のこなべ君が乗り込んでくる事に。

Dsc02843

13日の朝7時に出発して、車で約2時間弱。

途中、津野村の風の駅に停まり、休憩。

上は風力発電に使う風車の説明書き。

Dsc02844

んで、こんな風にして山の尾根に建てて、風力による発電を行う様子。

さっそく着いて、梼原でお仕事。

この日の仕事は、中央管制システムの部品交換と、ソフトのヴァージョンアップのお仕事。

お客さんの大事なエネルギーデータや、監視システムの・・・・

とにかく、地味ですが、常に数億円の損益と隣合わせの仕事だけに、少々疲れます。

その日の作業は、あまり芳しくなく・・・

昼休みに近くを徘徊して、翌日のBBQ場所を確定。

やっぱり、午後からも芳しくなく、夕方5時にホテルへ向い。

チェックアウトを済ませて、夕飯の買出しへ。

梼原町は山奥の町で、スーパーも中規模が1軒しかなく。

Dsc02846

買出しにでるも、町は既に深夜状態。

Dsc02847

これがお部屋。

雲の上の温泉、ホテル、レストランで有名なホテルの別館。

Dsc02848

お風呂もゴージャスな感じがして。

Dsc02849

何だかあまり落ち着かない。

Dsc02850

でも、新築なんで清潔感はありました。

嫌な匂いも無く。

Dsc02851

ただ、朝食付きのシングル料金で、7800円とは少々お高い。

Dsc02852

う~む、龍馬脱藩の道として有名で、大和天誅組の一人である、那須信吾の出身でもあるけど。

龍馬ブームもいつまで続くやら・・・

Dsc02853

風呂に入って、早速2人で宴会。

つくね、カクテキ、エビ、ネイリの刺身、イカフライ、カニクリームコロッケ。

Dsc02854

鶏のからあげ、キツのフライ。

Dsc02855

んで、ヘイ!エビス!!

Dsc02856

カマちゃんとほたえて。

Dsc02857

ほたえて。

Dsc02858

朝が来た・・・

5時に起きて、試験のお勉強して、朝食へ。

Dsc02859

朝からこのボリューム。

でも、東京でも分かる通り、朝から沢山食べる俺には丁度。

その日も同じ作業を続け、残る3人が到着。

レイ君とセッキーは、空調用自動制御機器の点検を。

こなべ君は・・・・

Dsc02860

夕方、昨日下見した場所で、BBQ敢行。

セットはお肉屋さんで借りて。

火の粉を浴びながらトーチで火を点けて、食う。

Dsc02861

地元の人曰く、釣りもして良いらしい。

竿持って来れば良かった・・・

自前の竿じゃ短いしね・・・

おっと、青少年の諸君は深く考えないように。

Dsc02864

網でシブキを作って撮る・・・みたいな下らん事を・・・

Dsc02862

ホルモン焼いたんで、火事になっています。

Dsc02865

野菜類はセッキーが丁寧に用意してくれていたんで。(鉄板も)

焼きソバを、俺が豪快に焼きました。

Dsc02866

バカその①(セッキー)

Dsc02868

バカその②(カマちゃん)

Dsc02869

バカその③(こなべ君)

Dsc02867

・・・・いじるトコ無し。

Dsc02870

6時になった時点で真っ暗になったんで、速攻撤収。

Dsc02871

俺が最後尾だったけど、躓いてこける瞬間に撮った映像。

オーブが・・・・

以上、蒼い彗星の如く!!次回、恐ろしい事が・・・

でした。

では。

|

« 東京へ~最終回~ | トップページ | 梼原へ その弐 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お風呂、おしゃれ。朝ごはんも、よさげで、東京で、7900円は無理かな

投稿: ponchan | 2010年10月25日 (月) 08時05分

ponchan>
東京なら15000円は堅いでしょうね。

高知市内なら6000円ってとこですか。

何にせよ、高知はホテルが多すぎなんです。

その割りによさこいシーズンは足りないんですよね~。

よさこい日だけ、県外の踊り子さん用に、格安で宿施設を提供出来るように、県や市の観光課には頑張ってもらいたいっス。

投稿: り組の帝王 | 2010年10月25日 (月) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/49829998

この記事へのトラックバック一覧です: 梼原へ その壱:

« 東京へ~最終回~ | トップページ | 梼原へ その弐 »