« 隠岐観光~その② | トップページ | 隠岐観光~その④ »

2011年5月23日 (月)

隠岐観光~その③

みなさん、こんばんは。

関東地方のよさこい友達のみなさん、こんばんは。

り組の踊り子さんも、ぼちぼち集まりつつあります。

リピーターさんは早いですね。

初り組の方もおられます。

お会いするのが楽しみです。

先日、よくお世話になって、プライベートでも親交のある保険の外交員さんから、これをもらいました。

Dsc04136

タロッコと言う愛媛育ちのブラッドオレンジ。

炭鉱でレールの上を走るのはトロッコ。

これはタロッコ。

Dsc04137

見た目は何だか気味が悪いけど、とっても甘い。

嫁は気持ち悪がって、目を瞑るから口に入れてくれと・・・

旦那を顎で使うとは、何て嫁だ・・・

さておき、2人で美味しく頂きました。

・・・・・

さて、隠岐一日目の観光船。

観光しているのに観光せんとは、これ如何に・・・

冗談はさておき。

Dsc04201

沢山の岩塊がある海岸沿い。

Dsc04202

これは観音岩。

観音様の姿に似てる?んで。

Dsc04203

巨大な象が海の水を飲み干している様な岩。

う~ん、確かに。

Dsc04205

そうこうしている内に、船を停泊させて、ちょっと休憩。

Dsc04206

少し肌寒いものの、心地よい風が吹いて、絶景。

Dsc04207_2

岩山の間から見える日本海。

Dsc04212

さっきの穴の空いた岩。

通天橋って言います。

Dsc04209

沢山海岸を見てきたけど、こんな岩塊がある海岸は初めてです。

Dsc04210

黄砂さえ無ければ、もっと良い景色だったんですがね・・・

Dsc04211

景色もなんですが、春なので緑豊かな芝生がいいっスねー。

Dsc04213

あと、驚いたのは水の透明度。

高知県の足摺、竜串周辺も大変綺麗なんですが、ここはそれにも増して綺麗。

少々藻が多いですが・・・

Dsc04214

20分間の休憩を終えて、船に戻り。

Dsc04215

再び運河を通って港み帰港。

Dsc04216

帰って来てからお土産屋さんを覗くと・・・

色んな貝殻細工が展示されてました。

赤や黄色の貝殻ですが、これって全部天然色なんですね。

帰って来たのは15時過ぎ。

そこから鬼舞展望台へ。

Dsc04217

島の南の半島の先端です。

半島の先には、もう一つの島である、知夫村が見えます。

Dsc04218

この島では、牛や馬が放牧されてます。

Dsc04226

昔から伝わっている農法なんですね~。

Dsc04219

ずーっと上に見える展望台。

Dsc04220

まぁ、放牧なんで、落ちてますよね、爆弾が・・・

すごい数です。

Dsc04221

敢えて階段を登らずに、急坂を駆け上がります。

Dsc04222

お母んと姉貴は階段で先行して展望台へ。

俺は死角からコッソリと急坂を登って脅かしてやろうと・・・

が、意外にキツかった・・・

Dsc04223

展望代からは絶景でした。

これは西ノ島町側を撮った絵です。

右上は焼火山ですね。

山の向こうが今朝着いた漁港の辺りですか。

Dsc04224

カッコつけてる様ですが、40肩の痛みによるものです。

Dsc04225

タンポポの花が沢山咲いてました。

Dsc04227

ムムッ!!

何かの死体遺棄か・・・

多分鳥の骨でしょうね。

車まで帰ったら、親父が地元のおじさんと親しく話していて。

何でもボランティアで草刈ったり、道の整備したり、観光施設の修繕したり、観光客の案内をしたりと・・・

名詞を貰ったんですが。

西ノ島町の町会議員の議長さんでした。

島では偉い手さんだ。

その人の案内で、次は赤尾展望台へ。

本日はここまで。

以上、蒼い彗星の如く!!隠岐の自然は神秘だ。

でした。

春が一番だね。

では。

|

« 隠岐観光~その② | トップページ | 隠岐観光~その④ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/51744741

この記事へのトラックバック一覧です: 隠岐観光~その③:

« 隠岐観光~その② | トップページ | 隠岐観光~その④ »