« 正月は広島へ | トップページ | 呉~広島市内へ »

2012年1月 7日 (土)

呉の歴史に触れる

全国のよさこい友達のみなさん、こんにちは。

蒼い彗星ブログの購読者のみなさん、こんにちは。

ハワイアンのみなさん、マハロ。

先日、スーパーに行ってたら、カートが散乱してました。

このスーパーはカートの貸し出しをしてるんですが、使ったカートは返さなくても店員さんが片付けてくれるサービスをやっています。

今じゃどのスーパーでも当たり前にやってくれる事ですが。

ちなみに、俺はこのサービスがあろうとなかろうと、必ず返しに行きます。

でも、返さない人に対しても特に異論はありません。

サービスなんですからね。

ただ、レジの通り道や、駐車場で他人の車の真ん前に放置していくのはバカだと思いますが。

他人の迷惑になる事が予想される事以外は、ルール内であれば基本的にOKだと思ってるんで。

ただ、俺が見た光景は少しどうかと思う事で。

母子2人で買い物に来ていたんですが、子供が使い終わったカートを返しに行こうとして、母親が、店員さんが片付けるから、持って行かなくてもいいと言ったんです。

違うでしょ。

そこは借りたものは返す、使った物は元のとこへ戻すと言う事を教えるべきだと思うんですね。

サービスって言うのは、基礎や基本を理解した人が、出来る人が、たまに楽をする為に利用するもんなんです。

算数を知らない子供が電卓を使う様なもんなんです。

本当はこうしなければいけないけど、今回は楽をしよう・・・

と、言う時に利用されるもの。

だから、スマートフォンやインターネットを子供の時から使ってると、ダメになるんです。

勿論、時間の短縮や子供の安全など、今までより良くなる部分もありますよ。

でもね。

人間として大事な部分を失ってまで、時間の短縮や、知識の共有、その他色々あるけど、それって必要ですか?

人として3分の1人前で、成人を迎えた人達が、世の中を支える?

到底無理な話なんです。

だって、成人してからの成長なんて、本人の努力がない限り、可能性は皆無なんです。

50歳になっても、60歳になっても、頭の中は15歳程度の事しか考えられない大人が増えるんですよ。

教育の低下の繰り返しが、日本を大きな戦争に誘ったと言う事をお忘れなく。

大和ミュージアムでは、12、3歳の子が、国の為にと飛行機に乗って敵戦艦に突撃していく映像が沢山あります。

親や兄弟に書いた手紙も展示されています。

そんな世の中を、自分が死んだ後にも作って欲しくはないですよね。



・・・・・・

さておき。

前回の続き。

Dsc06299

展示室には軍艦の模型が多数展示されています。

これは戦艦三笠。

敷島型の4番艦です。

日露戦争で旗艦として東郷平八郎が乗艦してました。

Dsc06300

嫁の大好きな豆の知識。

艦艇の模型の前にはタッチパネル式のディスプレイがあって、色んな豆知識を見る事が出来ます。

肉じゃがって、海軍で誕生したんですよ。

シチューのホワイトソースを醤油に替えて作ったとの事です。

海の上ですから、沢山のバリエーションを揃えてないと、味に飽きてしまうんでしょうね。

実際に漁師飯なんてのがあるくらいですからね。

Dsc06301

これは戦艦長門。

長門型一番艦が長門、二番艦が陸奥でした。

世界のビッグ7と呼ばれた内の一隻ですよ。

真珠湾攻撃とミッドウェー海戦で総指揮を取った、山本五十六が乗艦していた艦艇としても有名です。

この当時は大和、武蔵は極秘でしたので、日本を代表する戦艦だったんですね。

終戦間近に損傷したものの、終戦後にビキニ環礁沖の原爆実験で無傷で残り。

2度目の水中原爆実験でも沈みませんでしたが、4日後に沈没していたと言う事です。

その一つを取っても、日本の技術力が、この当時から優れていた事が分かりますね。

Dsc06303

大和の概要ですね。

全長が263メートルもあったんですねー。

貿易封鎖された日本は、銃弾や戦争道具を作るのに、民衆から鍋ややかんを集めたと言われてますが、道理で沢山いる訳ですよ。

Dsc06304

大和に搭載された最新鋭の機器です。

これだけ技術の粋を極めた大和も、あっさり沈められてしまいましたね。

サッカーや野球と同じで、1つだけ抜きん出た戦力があっても、集団の総合力には敵わないと言う事です。

と同時に、戦争が如何に馬鹿げた事かと言う事が分かりますね。

Dsc06305

戦争の目的で・・・っと言う事実は別にして。

これだけの物を作った当時の技術者に、同じ技術者として敬意を払いたいです。

詳細は書ききれませんので、現地へ見に行ってください。

また、大和ミュージアムのホームページでも色々と知る事が出来ます。

Dsc06306

測距儀を覗いてる嫁の顔が巨大に(≧m≦)

Dsc06307

覗いた俺を見て、嫁も大爆笑(≧∇≦)

七福神みたいだと・・・

・・・ぬかせ。

Dsc06308

ちなみに大和に搭載した測距儀は、現ニコンが製作したそうです。

最近は誘導ミサイルとかありますが、その当時は2~3キロ離れた場所からの大砲の打ち合いですからね。

距離を測るにも苦労していたんです。

昔は2つの位置をずらした望遠鏡から同じもの覗き、その角度の差から対象物までの距離を測ってました。

現在でも測量の技術として一部が使われてます。

よく、道路工事で望遠鏡みたいなのを覗いてる人がいますよね。

あれは距離や標高を計測してるんです。

Dsc06309

これは、大和の沖縄特攻での最後の乗組員の名簿です。

高知の人は4人ほどいました。

広島、岡山、兵庫、愛知、東京が多かったです。

Dsc06310

臼淵磐が残したセリフがありました。

『進歩のない者は決して勝たない。

負けて目覚める事が最上の道。

日本は進歩と言う事軽んじ過ぎた。

私的な潔癖や徳義に拘って、本当の進歩を忘れてきた。

敗れて目覚める、それ以外にどうして日本が救われるか。

今目覚めずしていつ救われるか。

俺達はその先導になるのだ。 

日本の新生に先駆けて散る。

まさに本望じゃあないか

菊水作戦について、「戦死する事は軍人としての誇りである」と主張する海兵出身者と、「無駄死にだ。死ぬ事の意義が解らない」と主張する学徒出身の若者とで激しい口論となって、あわや乱闘寸前となった時に、仲裁に入って言った一言だったそうです。

これを見ると、大和天誅組を思い出します。

攘夷、維新の先駆けとなる。

昔の人は信念が強かったんですね。

彼らの作った時代の先に、自分達が平和に生活してる事を決して忘れてはなりません。

Dsc06312_2

航空母艦の赤城です。

天城型巡洋艦の2番艦として呉で作られましたが、ワシントン海軍軍縮条約によって解体される事を回避する為に、急遽空母に改造されたと言う事。

なので、当初から不具合が続出していたらしいです。

ミッドウェー海戦で沈没しています。

Dsc06313

戦艦伊勢ですね。

伊勢型戦艦の1番艦です。

扶桑型戦艦の3番艦として建造されていましたが、当時の扶桑型に問題があった為、急遽再設計されたもの。

姉妹艦には日向がありますね。

後部には艦載機が搭載されています。

Dsc06314

これは潜水艦です。

イ○○号と名付けるんですね~。

Dsc06315
グルっと回って半周したんで。

嫁が手洗いに行ってる間にホールで大和を後ろからパチリ。

Dsc06316

待っている間に、呉の海岸線を見ていました。

戦後は平和産業港湾都市として復興した呉の町。

今でも造船業が盛んです。

Dsc06317

呉の歴史、最後のコーナーの入り口には、伊勢が着底した写真があります。

終戦間際に枯渇した資源を調達して輸送すると言う作戦、北号作戦で佐世保を出港して、米潜水艦や航空機の攻撃を受けながら、奇跡的に無傷で呉に帰って来た伊勢ですが。

呉軍港空襲で艦橋に直撃を受けた伊勢は、浸水してそのまま着底。

それがこの写真です。

Dsc06318

奥には戦後の呉の町があります。

当時の町並みを立体で復元してます。

Dsc06319

紙芝居の様子。

4本立てで10分間隔で上映されています。

懐かしい・・・って思われる方もいらっしゃるのでは?

Dsc06320

呉では、タンカーも多く製造されてます。

一番大きいタンカーは、全長400メーターを越える大きさになります。

端から端まで走るのは無理ですね・・・(;´▽`A``

野球やサッカーやっても大丈夫ですよ。

Dsc06321

全然関係ないんですが、温度測ってる室内型温度検出器。

空調の自動制御に使用しています。

俺の仕事場のメーカさんの製品です。

つーことは、ここも現場って事ですね。

次は大型資料展示室に向かいます。

が、今回はここまで。

以上、蒼い彗星の如く!!恐い出来事はまだ先よ。

今思い出しても恐いぜ。

では。

|

« 正月は広島へ | トップページ | 呉~広島市内へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うぎゃ!またしても…またしても…
怖いのは次回だなんて…エーン!!ヾ(ヾ(*T□T)ツ
早く早く!!
フッフッフ…
って、彗星さんの測距儀を覗いてるお顔…十分怖いかも??失礼sweat01
怒っちゃいやよ>^_^<
奥様はかわゆす♡ネ

投稿: 姿勢美人 | 2012年1月 8日 (日) 17時20分

coldsweats01姿美人さんと同じだわ

これまで戦争の事で十分怖かった。
加えてもっとこわ~い物も見た❣何?

これ以上何があったのよう~

まったくもってじらすわねぇ~

奥さんはこんなにじらしてるのしってる? 
奥さん、ホント可愛いね(^◇^)//

投稿: こころぐ郁美 | 2012年1月 8日 (日) 17時50分

姿勢美人さん>
そうそう!

恐いでしょ?

僕の顔。

・・・・

_| ̄|○

投稿: 蒼い彗星 | 2012年1月 8日 (日) 23時54分

こころぐ郁美さん>
怖いの、もう少し先なんです。

2回ありますからね。

写真に・・・

これ以上は言えません(*^-^)

投稿: 蒼い彗星 | 2012年1月 8日 (日) 23時56分

恐れ入りますが、お顔巨大化(笑)の展示物は測距儀ではなく150cm探照灯(サーチライト)のレンズです。

投稿: 通りすがりの名無しさん | 2013年3月19日 (火) 16時00分

連投申し訳ございません。
誤字だとは思いますが、→(2~3キロ×→20~30キロ)

加えて
長門型戦艦として紹介されている模型は金剛型高速戦艦です。

航空戦艦伊勢として紹介されている模型は最上型重巡洋艦一番艦「最上」です。

投稿: 通りすがりの名無しさん | 2013年3月19日 (火) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/53679101

この記事へのトラックバック一覧です: 呉の歴史に触れる:

« 正月は広島へ | トップページ | 呉~広島市内へ »