« 呉の歴史に触れる | トップページ | 広島市内にて »

2012年1月 9日 (月)

呉~広島市内へ

全国のよさこい友達のみなさん、こんにちは。

蒼い彗星ブログの購読者のみなさん、こんにちは。

ハワイアンのみなさん、ハウオリ。

現在、よさこいチームり組のブログの当番をやってます。

り組の帝王として、蒼い彗星とは一味違ったブログを展開していますので。

こちらも是非どーぞ(* ̄0 ̄)ノ

先日、七草粥の食材を貰ってきて。

Dsc06551

まぁ、正月も特に贅沢な物を食べた訳じゃないからって事で味付けしようと思い。

Dsc06552

嫁が帰ってくるまでの間に。

Dsc06553

雑炊にしちゃいました(o^-^o)

帰って来た嫁は、同じ食材を貰ってきてました∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

しばらく七草には不自由しないでしょう・・・



・・・・・・

さておき。

大和ミュージアムの話でしたね。

次に行ったのは1階の反対側。

ここは、大型資料展示室になっています。

Dsc06322

上の長~いのが、潜望鏡ですね。

潜水艦で潜航してる時に、海面から敵艦を捕捉する時に使いますね。

水団の術みたいですね~。

下に見えるのは九三式魚雷です。

いわゆる酸素魚雷ですね。

射程距離や航跡発生の問題に対して、非常に優秀な成果を出したと言う事です。

この技術を太平洋戦争で生かせたのは日本だけだとの事です。

Dsc06324

回天です。

いわゆる人間魚雷。

特攻兵器です。

片道分の燃料を積み、一人で乗り込み、敵艦に特攻します。

平均年齢21歳で、100名程の尊い命が散りました。

17、8歳の子が、狭い鉄に囲まれた海の底で、敵艦にぶつかるまでの間、この中でどんな事を思ったんでしょうか。

回天の前には、出撃前に両親と兄弟に宛てた手紙と、それを読んだ肉声が流れてます。

小さい頃に兄弟と遊んだ思い出話や、両親を気遣う言葉。

そして本当の思いを隠し、立派に死んでいくと言う自分の気持ちを言葉に出して言う心の強さが、当時の若者の精神の強さを物語ってます。

Dsc06325

ゼロ戦に搭載されていた機関砲ですね。

こんなんで打たれたらひとたまりもありません。

Dsc06326

潜水艦の内部です。

撮影用のセットで実際に使用されたものだそうです。

Dsc06327

大和や陸奥の主砲に使用された41や46センチ砲弾です。

ちなみに一番手前が大和の46センチ主砲の砲弾です。

こんなんが飛んでくるんですね(lll゚Д゚)

Dsc06329

遠くからみると、如何に大きいかが分かりますよね。

Dsc06330

こちら側からも1.5階くらいからの高さから大和を見られます。

色んな角度から見えるのがいいですよね。

Dsc06332

特殊潜水艇 海龍です。

飛行機の様に翼を使って浮上、潜航を出来る様に呉で開発されていたと言う事。

小型なんで、偵察用に使ったんですかね。

Dsc06331

零式艦上戦闘機六.二型です。

3年前の正月に、宇和島に行った時に紹介した紫電改と比較すると、かなり性能は劣りますが、それでも当時では世界で一番の技術だっと言う事ですね。

エンジンは三菱製です。

Dsc06333

当然急旋回出来る飛行機は、相手の背後を取りやすくなりますからドッグファイトに強い訳ですが。

そうなると、機体の強度の問題が出てきますよね。

そう言う開発が始まったのが、広島海軍工廠からだと言われています。

Dsc06334

グルッと上がって3階で。大和と記念写真。

Dsc06335

せっかくなんで、俺も。

3階には、船を作る技術を、楽しく学べるルームがあります。

Dsc06336

ドラム缶に乗って、体重が量れるんです。

つまり、缶に乗って押し出された水の量が、イコール増えた体積になるんですね。

船の排水量ってのは、その事なんです。

・・・で、体重は?

Dsc06337

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!70キロ!!?

Dsc06338

これは、ワタクシの体重でした( ̄◆ ̄;)

Dsc06339

ボートの操船体験が出来ます。

2人まで乗れますので、後で乗りました。

ガコンガコンして、ちょっと面白かったですよ。

Dsc06340

展示室の壁面には、船の仕組みや造りの説明が、子供でも分かりやすい様に簡単に書いてあるんですが。

各項目に一つづつ、クイズがあるんです。

Dsc06341

新幹線のぞみに使われている物は?

①鉄鋼

②FRP

③アルミニウム

さて・・・・



正解は3番のアルミニウム。

Dsc06342

潜望鏡を覗く嫁の後ろ姿。

映像と音は、実際の館外の様子をカメラで撮影しているものが見れます。

Dsc06343

浮沈子って書いてますね。

ペットボトルに水を入れて、潜水艦の模型が入ってます。

Dsc06344

ペットボトルをグッと押すと、模型が沈みます。

あら不思議w(゚o゚)w

浮力は重さに関係なく、体積によって決まるんですね。

だから、圧力を加えて体積を小さくしてやると、重さは変わらなくても浮いたり沈んだりするんですね。

Dsc06345

これは、棒で擦ってプロペラを回すおもちゃ。

懐かしいって思われた方、いませんか?

ちなみにプロペラがなかなか回らない嫁。

ヘタクソー。

Dsc06348

潜望鏡を覗いてる俺。

Dsc06349

嫁です。

何だか怖い・・・( ̄○ ̄;)!

Dsc06350

これは波の実験をする装置。

大きな波が船を揺らします。

Dsc06351

帆船の原理を学ぶ装置。

牡丹を押すと風が出て、ヨットが走ります。

Dsc06352

スクリューバイクです。

2つの角度の違うスクリューを回して、推進力の違いを学びます。

Dsc06354

他にも時間が無くて回れませんでしたが、大人から子供まで楽しめるアトラクションがいっぱいでした。

Dsc06355

最後に一番上から大和のケツを。

Dsc06356

テラスに出ると、鉄の鯨館が見えます。

Dsc06357

ここは海上自衛隊が運営する所なんで、お正月はお休みです。

Dsc06358

最後に1階でお土産を買って。

向かいのyou&meタウンのミスドでドーナツを買って。

2時過ぎに呉を出発しました。

目指すは広島市内です。

今回はここまで。

次回は原爆ドームと平和通りのイルミネーションです。

以上、蒼い彗星の如く!怖い話は、次回で行けるかなぁ・・・

でした。

イルミがまた綺麗なんだわこれが。

では。

|

« 呉の歴史に触れる | トップページ | 広島市内にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うの次は…えぎゃ??
まだ?まだ??まだ???
前回のコメントお返事終わりに…
次回あたり写真に映りこんでいるような暗示が…???ほんと??次は明日かな♡
♪わく((o(^∇^)o))わく♪
2枚以上見つけたら景品ある??つけてね♪

フッフッフ…
待ち焦がれて、他のコメントができないじゃないか~(*´・ω・)ノ

息子たちを見てると…当時の若者の精神年齢の半分もない…
私自身も息子3人を戦争に送るなんて絶対にイヤだ!!私自身も当時の親御さんの足元にも及ばないです…
尊い命の犠牲を礎にした、この平和を守っていかねばなりませんね。。

投稿: 姿勢美人 | 2012年1月 9日 (月) 11時02分

lovely相変わらず仲良し夫婦を見せつけてくれますねえ~
さてねえ~日本は、今も昔も技術の先端を走って来てる。それが、どう世界を変えて来てるのかは今を見れば解る。
でも、こんな事はあってはならないことがいっぱい過ぎて、言葉にならないこともある。
今の日本も本当に平和なのかな?
私も息子が2人いる。昔だったら、とうに命はなかっただろうと思う年齢だ。
技術は間違いを起こすためには進んではならないと思う。でも、世の中はそうではない。
考えさせられる画像をありがとう。

投稿: こころぐ郁美 | 2012年1月 9日 (月) 16時34分

姿勢美人さん>
いや、実際久々に怖かったですよ
Σ( ̄ロ ̄lll)
次回はイルミネーションで終わってしまいそうですね。

このまま行けば、自分の子供の代くらいには、日本は大きな戦争に巻き込まれそうな感じです。

投稿: 蒼い彗星 | 2012年1月 9日 (月) 21時02分

こころぐ郁美さん>
本当に危険なのは50年後くらいですね。
今の10代~20代後半が日本の舵取りをする頃ですかね。

立派な柳刃包丁も、板前さんが使うと立派なお造りが出来ますが、殺人鬼が握ると人殺しの道具になるんです。
どんなに素晴らしい物でも、それを使う人間の資質によって、良くも悪くもなると言う事です。

投稿: 蒼い彗星 | 2012年1月 9日 (月) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/53691368

この記事へのトラックバック一覧です: 呉~広島市内へ:

« 呉の歴史に触れる | トップページ | 広島市内にて »