« 水梨口~三段滝へ | トップページ | 三段峡散策~葭ヶ原での暇つぶし »

2012年5月21日 (月)

三段峡散策~二段滝へ

 蒼い彗星のブログのご覧下さっているみなさん、こんにちは。

今日もくだらない話にお付き合いください。


さて、先日ご紹介した、高知名物どろめ、のれそれ。

なんですが。

たまたまスーパーで半額シールが付いていたんで買ってきました。

見た事無い人って、あられるかどうか分かりませんが。

案外県外の人は知らないかもです。

Dsc07142

これがどろめです。

イワシの稚魚。

俺はポン酢に柚子を少し落として食べるのが好きです。

塩分が多いのと、少し苦味があるので、日本酒のつまみとしては最高ですね。

Dsc07141


これがのれそれ。

アナゴの稚魚です。

これもポン酢と柚子または酢橘を入れて頂きます。

よく、三杯酢で食べると言う方もおられますが、俺はポン酢が好きです。

好き嫌いがあると思いますが、食べた事無い人は、是非どーぞ。

女性はあまり得意じゃない人が多いですけどね。

くさみが気になる人は、おろし生姜や山椒の葉を入れると良いでしょう。


・・・・・・・


さておき。

前回の続き。

Dsc07168


三段滝から山越えをして、二段滝コースに入った所でした。

Dsc06930s

峠を越えた所には、三段滝への近道看板が出ています。

Dsc06931s


どちらから先に行ってもいいんですが、両方行くならこの近道は使わない手はないですね。


Dsc06919s


ここは楓林館跡です。

その昔、二段滝の上流にある集落の人達が経営していら旅館があった跡地です。

Dsc06920s


当時の面影は全く残っていませんが、喉かな場所に佇んでいたんですねー。

Dsc06921s


五朗堰です。

Dsc06922s


川の中に大岩が乱立して、その堰の合い間を清流が轟音を立てて流れる場所です。

ちなみに分かれ道からの距離は、三段滝より二段滝の方が近いんです。

五朗堰を過ぎたら後少し。

Dsc06924s


猿飛に到着。

・・・で、二段滝はまだかな・・・


Dsc06923s


するとまたもや渡船休業の看板が。

だから分かったつーの!!\(*`∧´)/


で、渡船はいいから、二段滝はどこよ!?


・・・・・・


よく読んでみると・・・・


『三段峡の秘境と言われる猿飛・二段滝は、徒歩で行く事が出来ない為、渡船を運行しています。』


・・・・・・・(・_・)エッ....?


どーゆー事?


では・・・・


見られない??


il||li _| ̄|○ il||li


マジか・・・・


だから何度もしつこく書いてたんだ・・・


てっきり渡船は乗らないから関係ないと思ってたんだけど・・・

ちゃんと読んでおけば良かったよ(。>0<。)

思い出しました?

長淵で猿飛渡船運休って書いてたのを・・・


・・・・・・・

仕方ないので。

行けるトコまで行って見ました。

Dsc06925s


あれが猿飛渡船ね・・・

Dsc06926s


ちなみにここが行き止まり。

山女を釣ってる人がいました。

ここから渡船に乗って上流に行った所に二段滝があるようです。

見られなかった皆様にはパンフレットの写真をお見せします。

Dsc07169


こんな感じです。

ちなみに何故遊歩道が建設出来ないかと言うと、あまりの絶壁だからなんですね。

二段滝は断崖絶壁に三方を囲まれ、滝壷は水煙を上げる程の豪流だそうです。

ごうごうたるその音は、辺りのの岩壁を震わせるとか。

滝壺には子宝の水として有名な胎命の水が沸いているそうな。

Dsc06927s


失意の元、トイレに行って記念撮影。

また今度もう一度来なさい・・・って事でしょうかね。

Dsc06932s_2


来た道を戻って、水梨口まで戻ります。

途中の別れ道にもありました。

Dsc06929s


しつこいくらいに書いてますもんね。

ちなみに、水梨口から三段滝、二段滝を周るDコースは、周遊時間3時間で中流域周遊コースとなっています。

そして、長淵から両滝を巡って長淵に帰るEコースは、周遊時間5時間で、渓谷トレッキングコースとなっています。

Eコースは、かなり山歩きに慣れた人でないと、次の日はおろか、その日すらも足腰が立たなくなりますよ。

Dsc06928s


また、遊歩道には一定間隔でこんな標識を敷いてくれていますんで。

今どれくらい歩いたのか、あとどれくらいなのかが分かります。

葭ヶ原に戻ってきて、まだバスの時間まであるので、時間を潰す事にしました。

今回はここまで。

以上、蒼い彗星の如く!!二段滝よ、次こそは見てやるから待ってろよ!!

でした。

足腰が丈夫なウチに再チャレンジだ!

蒼い彗星の歴史が、また1ページ。

でわ。

ポチッとよろしく!


|

« 水梨口~三段滝へ | トップページ | 三段峡散策~葭ヶ原での暇つぶし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/54751220

この記事へのトラックバック一覧です: 三段峡散策~二段滝へ:

« 水梨口~三段滝へ | トップページ | 三段峡散策~葭ヶ原での暇つぶし »