« 三段峡散策の巻き | トップページ | 水梨口~三段滝へ »

2012年5月19日 (土)

三段峡散策~黒淵

 蒼い彗星のブログをご覧下さっているみなさん、こんばんは。

今宵も蒼い彗星の歴史の1ページをご紹介します。

先日の5月14日は、嫁さんの誕生日でした。

俺はサプライズとか面倒な事は苦手なので。

まぁ、やってくれと言われたら、やらない事はないんですが・・・

もし、そんな事を要求されたら、俺の時はそれ以上を要求しますね(o^-^o)

それでもケーキとささやかなプレゼントは、結婚しても用意します。

いつまで続くかは分かりませんがね・・・( ̄◆ ̄;)

だって、子供とか出来たら、それどころじゃないでしょ?

Dsc07171

嫁さんの誕生日には、いつもイチゴミルクと言うケーキ屋さんで買います。

メールで予約も出来るし、2日前から予約すれば、キャラクターケーキも作ってくれます。

あと、ウェディングケーキも作っているらしく、高知では有名なホテル三翠園などとも提携しているお店です。

店長さんがブログ書いてますんで、検索で『いちごミルク店長日記』と入力してみてください。

通販もやってますよ。

Dsc07173


そのなかのイチゴいっぱいケーキを注文して。

月曜日休みの嫁さんに取りに行って貰いました。

Dsc07172


ちなみに、この日は母の病院へお見舞いに行って、帰りにスーパーで半額シールのおにぎりや惣菜を買って。

あまりに質素だったんで、写真には取れませんでした・・・

Dsc07176


板チョコは主役の特権ですね( ̄ー ̄)ニヤリ

Dsc07174


プレゼントは、日テレの朝の番組のZIP!・・・で有名なジッペイグッズを。

Dsc07180


これはストラップかな。

ノーメークで失礼しますm(_ _)m

Dsc07181


クッションです。

嫁の顔がジッペイになってますが・・・

Dsc07182


靴下です。

ちなみに女性用かジュニア用しかありません。

Dsc07184


プラカップですね。

赤い方は俺のです。

俺の誕生日は家でも買ってもらいましょうかね\(^o^)/

・・・・・・・


さておき。


前回の続き。

Dsc07166


長淵から出発して1時間くらいですかね。

石樋から黒淵に向かって歩いて行きます。

Dsc06861


塔岩です。

Dsc06862s

高さ60mの巨大な塔です。

自然の芸術品ですね。

塔岩まで遠いわ・・・・( ̄Д ̄;;


Dsc06863s


ぐるの瀬と言います。

小さな断層があって破砕体であるので、大小無数の岩や石の間を急流がぐるぐる回りながら流れています。

絶壁を越える風景はスリル満点。

Dsc06864s


蓬莱岩です。

Dsc06865s


牛が寝ているような姿が、中国の蓬莱岩に似ている事から命名されたと言う事。

Dsc06866s


激しい急流は続き。

Dsc06867s


親子岩です。

大小2つの岩は、親が子を背負っている様に見える事から付いた名前だそうです。

Dsc06868s


やっと中間地点の黒淵に到着です。

渓谷に入ってから、ちょうど1時間くらいです。

Dsc06869s


100mに及ぶ切り立った絶壁と原生林、エメラルドグリーンの水面が神秘的な雰囲気を湛えている。渡し舟からの景色は世界レベルだ・・・

・・・っと、パンフレットには書いていますが、本日は渡船休業・・・(ノд・。)

しかも、最初は渓谷を登って、帰りに渡船で駐車場まで帰ってこようなんて言ってましたが。

有料渡船は渡船乗り場から、お食事処黒淵荘までのわずか100m程度・・・

そりゃそうですよね。

あんな急流を渡船で下れる訳がねーわな。

ちなみにここまでが三段峡散策のCコース。

渓谷美を堪能したい方にお勧めです。

周遊時間は、片道50分です。

ちなみにAコースは片道5分で竜の口辺りまでのちょい寄りコース。

Bコースは片道20分で女夫岩(めおといわ)辺りまでのデートに最適コース。

となっています。

Dsc06870s

渡船に乗ってる感じはこんなんかな(*´ェ`*)

Dsc06871s


こんな看板があると言う事は、石を投げた輩が過去にいたんでしょうね・・・

・・・まったく!( #` ¬´#)

Dsc06872s


これが黒淵荘ですね。

何だか廃墟みたい・・・

Dsc06873s


このつり橋を渡って、黒淵荘の方へ渡ります。

Dsc06876s


・・・・が、残念ながら行けません。

Dsc06877s


お休みの時は橋すら渡れないんですね。

まぁ、火でも点けられたら大変ですからね。

消防車なんて来れるわきゃねーし。

Dsc06877s_2


国内有数の秘境にあるお食事処だそうです。

そうめん、山女の塩焼きは有名で美味しいそうですよ。

Dsc06874s


こんな看板で気をそそってくれるのは有難いが、お休みでは仕方ありません。

Dsc06875s


なので、気を取り直して。

記念にバイオトイレでう○こしてきました( ´艸`)プププ

ちなみにバイオトイレとは、間伐材の杉の木のチップをし尿と混ぜて、バクテリアによる自然分解で土に返すと言う、自然に優しいトイレの方式です。

なので、タバコの投げ捨てなんて厳禁です。

分解するバクテリアがタバコに入っているニコチンで死滅したらどうなるか分かりますよね?

もちろん、水洗トイレも同じですよ。

浄化槽でバクテリアにし尿を分解させていますから、塩素系の洗剤やタバコの吸殻なんて捨てたりしたら・・・

分かりますよね?

詰まるから・・・っと言う理由もありますが、それが大きな理由なんです。

喫煙は決められた場所でしましょうね。

Dsc06878s


バイオトイレの前でしばし休足。


5分後、再び水梨口に向かって歩き出しました。

Dsc06879s


三段峡は、川の流れや切り立った山を見るのも良いですが。

山肌側にある小さな滝も見ものです。

Dsc06881s


これは雌滝(めだき)。

細く落差の無い大きい流線が、しなやかに続き、女性の様です。

Dsc06882s


次は雄滝(おだき)。

力強さ、勇壮さがありますね。


盗~んだバーイクで走り出す~♪・・・・

それは尾崎。

( ̄○ ̄;)!

Dsc06885s


鷹ノ巣です。

パンフレットには載ってませんが、鷹ノ巣に似てるからでしょうか・・・

鷹ノ巣なんて見た事ないから、わかんねーし・・・

Dsc06886s


ムム!!橋が見えてきましたぜ、隊長!!

Dsc06887s


蛇杉橋と言います。

上流部の崩落を迂回する為に架けられた吊り橋だそうです。

たもとにあった蛇杉は枯れて無くなり、今は橋の名前だけが残っているそうな。

Dsc06888s


ウチのお母んなら、絶対屁っ放り腰になったに違いない( ´艸`)プププ

Dsc06889s


いました!いました!ここにも(*≧m≦*)

お父さん!まってあげて!(◎´∀`)ノ

Dsc06890s


呼びかけを無視したのか、はたまた川の激流の音で聞こえなかったのか。

お父さんは向こう岸で奥さんを見てます。

ウチのパパはちゃんと待ってあげるから、まだ優しいね。

Dsc06891s


こちらが南峰橋です。

三段峡を世に広めた熊南峰を偲んで命名された橋だそうです。

橋上からは透き通った水の中を泳ぐアマゴやゴギを見る事ができると言う事・・・

クソー、濁って何にも見えねーぜ!・・・ヾ(;´Д`A

人が沢山いる時は、こんな事しちゃダメですよー。

Dsc06894s


危うい・・・

じゃなかった。

危ない!・・・でした。

上流にでっかいダムがありますからね。

聖湖と言う中国電力さんが作った人工湖があって、そこに樽床ダムと言うのがあります。

ここも絶景ポイントの一つなんですよ。

Dsc06895s


崩落してますね。

石が転がってきたら、壁にくっ付いたら当たりません。

・・・つーか、年で反射神経落ちてるし、多分ボーっと見てて結局当たるんだろうね・・・

Dsc06896s


耶源です。

Dsc06897s


川床には巨大な岩が横臥して、天に伸び、その源を激流が流れる名所。

そして、この先が水梨口です。

時刻は12時20分くらい。

バスの時間は13時半です。

果たして三段滝と二段滝は見えるのか!?

今回はここまで。

以上、蒼い彗星の如く!!歩き疲れて足パンパン・・・

でした。

腹も減ったしなぁ・・・

蒼い彗星の歴史が、また1ページ。

では。

ポチッとよろしく!

|

« 三段峡散策の巻き | トップページ | 水梨口~三段滝へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

lovely奥さん、なんか可愛くなった。

いやいや、もともと可愛いsweat01
ちょっと雰囲気変わった感じ。
ノーメークで出演。羨ましい限りcoldsweats01
何にしても、夫婦の愛を感じました。
しかし、ケーキは奥さんが取りに行ったのね~runbirthday
これは、絶対に訳があると・・・考える私。confident

所で、この急流・・無理!sweat01sweat01
こんな所行けない!足が震えそう。最近運動不足もあるけど、
これは、怖いが先に立ってしまう。
良き日に?言ってしもうたねsweat02
*また、行きたいと思う?廃墟のような所も?
  ごめんなさーーい。よくしゃしんとれましたねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

投稿: こころぐ郁美 | 2012年5月20日 (日) 00時21分

こころぐ郁美さん>
ケーキを注文したのが、前日の日曜日だったんですね。
で、誕生日が次の日の月曜日だったんです。

なので・・・

月曜日休みの嫁さんに取りに行ってもらうしかなかったんです。
(;´д`)トホホ…

三段峡の散策は、早朝から1日ゆっくりかけて行きたいですね。
やはり強行はキツイ・・・

普段から歩き慣れてない僕にはキツかったです。
後で出てきますが、5日もかなり歩いたんです。

6日は1日中グッタリしてました。

投稿: 蒼い彗星 | 2012年5月20日 (日) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/54740926

この記事へのトラックバック一覧です: 三段峡散策~黒淵:

« 三段峡散策の巻き | トップページ | 水梨口~三段滝へ »