« 帰りに・・・ | トップページ | 梼原でお仕事~そのⅡ »

2012年10月12日 (金)

梼原でお仕事

みなさん、こんばんは。



水曜日からプチ出張に行ってまいりました。




梼原と言えば、高知県は北西部の山の中にある、林業が盛んな町です。

よさこいでもチーム梼原は有名で、衣装賞や全国大会でペギー葉山賞も獲ってます。

2008年には梼原のお祭りで、り組も踊りました。

隣町には津野町があり、四国カルストで有名な天狗高原もあります。

そして、この町からも幕末の土佐勤皇党の志士で有名な、大和天誅組の吉村虎太郎、那須信吾、信吾の父の那須俊平などなど・・・

かの坂本龍馬も維新を夢見て、この町を脱藩の途中で通ったと言われています。



そんな梼原町に、仕事で行きました。

当初はこのブログでも書きましたが、2年前と同じ様にBBQを川原でやるつもりでした。

・・・が、意味不明な、とある事情から計画は崩れ去り・・・

遠足が中止になった小学生の様に、テンション低いまま相方と2人で3日間仕事する事になりました。

どこで・・・っと言うのは、業務上言えませんが。



それがですね。

梼原町には、山奥なのに雲の上のホテルと言う立派な温泉ホテルがあるんです。

が、リゾートホテルなんで、仕事で泊まれる訳がないので。

少し離れた所に本館より後で出来た、雲の上のホテル別館のマルシェゆすはらと言う所に毎年泊まるんです。

今年で3年目で、3回ともこのブログでご紹介しました。

それが、今回に限ってシングルが満室で( ̄◆ ̄;)

仕方なく、これも去年様子だけご紹介した、いわゆるバイカーが素泊まりで宿泊する、ライダーズインに泊まる事になりました。

貸し出しているのは雲の上のレストランで。

コースは・・・

部屋のみ貸し出し。

部屋と布団の貸し出し。

ベット付きの部屋に布団の貸し出し。

っと、グレードが3パターンあるんです。

全てトイレとシャワー付き。

それ以外はありません。

もちろんベット付きを選びました。

まぁ、話のネタにでもなるだろう・・・なんて言いながら・・・




それでも3400円くらい。

温泉の入浴が100円安くなって、400円になると書いていましたが、それは外しました。



今思えば、温泉に行ったら良かったんですが・・・(;´д`)トホホ…




水曜日は朝の7時半に出て、梼原に9時過ぎに着いてお仕事。

Dsc00698s

17時に終わって、近くのスーパーでお買い物。

酒や惣菜をゴッソリ買って、まずは雲の上のホテルのロビーで手続き。

キーを借りて、いざ貸し部屋へ。

ホテルのレストランの脇を奥に進むと温泉で、更に道を奥に進んで行くと・・・

Dsc00677s

ありましたね。

Dsc00678s


何棟か並んでまして。

まぁ、ここまでは一昨年のBBQの場所探しで訪れてますんで。

問題は中です\(;゚∇゚)/

Dsc00685s


入り口。

多分ドラム缶みたいな形の中がシャワーかな~なんて思いながら・・・

Dsc00679s


入るといきなりベットが2つ。

冷暖房設備が無いので、夏は灼熱、冬は凍死ですね。

ライダーは我慢強いんでしょうか・・・?

Dsc00680s


窓側から撮影しました。

左の奥にあるカーテンをくぐると・・・

Dsc00682s


そこが洗面所&トイレ。

もちろんトイレでブリブリすると、音は丸聞こえです( ̄Д ̄;;

Dsc00681s


トイレのすぐ脇が、シャワールーム。

コンクリートの上でそのままシャワーを浴びるのは、小学校のプール以来です。

しかも、入り口に小さい字で・・・・

『壁にシャワーを当てると、隙間から水が漏れる恐れがありますので・・・』

みたいな注意書きが・・・




どーせーっちゅーねん(@Д@;



で、このシャワーに入る事にしました。

着替えを持って、便座の蓋の上に置き・・・・



・・・・ん?



何か動いたなぁ・・・・




手の平サイズの蜘蛛がカーテンの陰に隠れたのを見たんです。



・・・・そぉ~っとパンツを履き、シャツを着て。

蜘蛛が大丈夫な相方に靴置きで捕まえて、逃がしてもらい。

再びシャワーに入って、今度は無事に・・・・

っと思ったら・・・

入浴工程の最終局面で、再び同サイズの、もう少し色が黒い蜘蛛が出てきてΣ( ̄ロ ̄lll)




もう、悲鳴を上げる事すら出来ませんでしたね(lll゚Д゚)

半分以上諦めてました。

シャワーのお湯を掛けると逃げていきましたが・・・




もうこんなトコは二度と嫌だ!!!!




って思いながら。

交代して相方が入っている間にお散歩。

Dsc00684s

これは部屋の裏側。

右は谷になってます。

Dsc00686s


ホテルの温泉が上に見えます。

小雨が降ってたんで、フロントでも温泉券を勧められたんですが、断ったんです。




・・・・行けばよかった・・・・と。



ここから見たら、正しく雲の上の存在だ・・・

Dsc00687s


もう、ホントに山ん中ですよ。

スーパー林道が走ってますからね。

Dsc00688s


龍馬脱糞の・・・

もとい、脱藩の道と書いてます。

Dsc00689s


ちなみにこの辺りは、道の駅を含めて太郎川公園となっていて、貸しコテージやオートキャンプ場、BBQ施設なんかも充実しています。

Dsc00683s


相方が風呂を出たんで、買い込んだ夕食と酒を持って、真ん中にある管理棟へ。

歩いて20歩くらいの場所です。

Dsc00690s


管理棟にはテレビや雑誌、電子レンジやコインランドリーなど。

Dsc00691s


宿泊している人が共同で使用できる施設が備わってます。

今回は自分達の他に、50代の中年の男性が一人、ビッグスクーターで泊まってました。



この人、挨拶出来ない人でしたけどね・・・

晩と朝と、2回無視られました凸(`Д´メ)




Dsc00692s


宴会状態。

2人で食い過ぎでしょう・・・(;´▽`A``

Dsc00693s


酔っ払った後は、近くに展示してあるバイクに跨って遊んでました。

Dsc00694s


写真は相方が撮ってくれました。

それにしても・・・・

バカですねぇ~。

Dsc00695s


最後はカブでオチ・・・みたいな。

つーか、通勤の愛車はリトルカブだし・・・

こんな感じで飲んで食って遊んで。

10時過ぎには静かな部屋で寝てましたとさ・・・






その前の祭日の月曜日。

丁度り組ではBBQ大会がありました。

俺と嫁は初めての欠席。

夕方、臨月を迎えた嫁と太郎ちゃんです。

Dsc00676s

最近はよく動いたり突っ張ったりして、嫁を苦しめているようですが・・・

出てきてからの方がもっと苦しめられるでしょう。

まぁ、それをどう捉えるかによって、人生とは変わるもんです。

幕末の長州の志士で、吉田松陰の弟子の一人で、農民を集めて訓練した奇兵隊を作り、大政奉還を見る事無く、肺結核で27歳の若さでこの世を去った高杉晋作の言葉が好きなんです。

以上、蒼い彗星の如く!!おもしろき こともなき世を おもしろく by高杉晋作

でした。

何事も捉え方次第。

では。

ポチッとよろしく!

|

« 帰りに・・・ | トップページ | 梼原でお仕事~そのⅡ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/55875241

この記事へのトラックバック一覧です: 梼原でお仕事:

« 帰りに・・・ | トップページ | 梼原でお仕事~そのⅡ »