« 芸北オークガーデンへ | トップページ | 温井ダムの悲劇 »

2013年5月14日 (火)

二段滝にリベンジ

みなさん、こんにちは。

前回の更新をして、4時間かけて衣替えと部屋の片づけを終えての予約更新です。

つまり、日曜日の更新3回目と言う事になります。

毎年GWのネタを書き終わる頃に、よさこいの練習が始まる季節になってしまってます。

だから、今年はそうならない様に、頑張りたいと思いますよ┗(^o^)┛




さて、前回の続き。

いこいの村ひろしまに宿泊して、5月4日の朝を迎えました。

6時に起床して、パパと一緒にお風呂に行きました。

Dsc00414s


朝はやはり人が少ないです。

途中で誰もいなくなって、貸切状態となりました。

Dsc00415s


景色は山しか見えません。

マウンテンビューですね( ̄▽ ̄)

Dsc00416s


サウナもあって、結構広めのお風呂。

ワタクシはサウナは嫌いなんで、入りませんでしたけど。

あと、裸眼では視力が0.01しか無いので、ほぼ見えません(u_u。)

Dsc00417s


ん?

誰だ?このジジイは・・・?

・・・って、写真を見ていて思ったんですが。


・・・・・



よく考えたら俺でした( ̄◆ ̄;)

Dsc00418s


朝ごはんは8時から。

まぁ、そんなに豪勢でもないんですが、普段の食事から比べると、かなりの贅沢です。

Dsc00420s


これは、一応ハムエッグを作るんですが。

親父は半分卵かけご飯にしたかったらしく・・・

Dsc00419s


こんな感じで焼きに入りました。

結果・・・

Dsc00421s


んー、まぁ、そーなるでしょうね┐( ̄ヘ ̄)┌

始めて見た料理です。

何て言う料理なんでしょう。

あまりに結果が見えすぎたんで、出来て見た瞬間、爆笑してしまいました。

(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ





朝食を終えて、お土産と軽い食料とポカリスエットを買って、出発。

少し周辺を散策してみる事にしました。

Dsc00423s


いこいの村ひろしまから、山を登っていった所は、オートキャンプ場や、グランドが有り。

グラウンドゴルフのコースもありました。

そして、深入山への登山口でもあります。

この山は坊主山なんで、景色良く下が丸見えなんで、意外に恐いかもしれません。

Dsc00424s

奥の方がグラウンドゴルフコースになってるんですかね~。

Dsc00425s


食事する所もあるようです。

管理棟になってますね。

お風呂はいこいの村で入ればいいですもんね。

Dsc00427s


途中のオートキャンプ場では、沢山のテントが並んでました。




そこを後にして、水梨口へ向かいました。

地図では右下の折り目のすぐ左です。

Dsc07162

昨年のブログを読んでくれている人は、覚えているかもしれませんが。

三段峡の中間地点です。

三段滝に行って、二段滝を見れずに失意を胸に長淵行きのバスに乗った所です。

今回は高齢の両親が一緒で、何より体の不自由な母がいますので、長淵から水梨口までは、とても歩けません。

なので、水梨口から昨年見られなかった二段滝を見に行こうと言うことです。

県道から入って結構狭い道を入っていきます。

7m以上の車は進入禁止です。

Dsc00461s


丁度一年ぶりの三段峡です。

今回は水梨口まで、車で来ました。

今日は渡船は運休じゃない事を確認しています。



いざ!!

リベンジじゃ!!┗(^o^ )┓三



Dsc00429s

葭ヶ原(よしがはら)の桜は、今年も満開です。

Dsc00430s


お天気は若干雨模様で、天気予報では雷注意報も出てました。

姉がスマホで雨雲レーダーを見て、大丈夫と判断しての決行。

・・・ですが、用意周到な準備をして来てる人は俺らくらいで。

来ていた沢山の人は、殆どが街ブラの格好でした(@Д@;

中にはピンヒールで来ている女性もいましたが、あれは論外。



山をナメてかかると・・・・



・・・死ぬぞ!!(-_-X)



Dsc00431s


美しい桜の前で記念撮影。

なぜかパパは、アロハ~のポーズ。

現地では狐さんのポーズになってたのに、日本に帰って来て出来る様になったんだろうか・・・

Dsc00432s


二段滝と三段滝の分かれ道です。

Dsc00433s


今回は間違いなく運休とは書かれてません。

去年はそれで痛い目をみましたからね・・・ヾ(´ε`*)ゝ

Dsc00434s


途中、巨大なツルが巻きついている木を発見eye

気持ち悪~。

バニアンツリーみたい。

Dsc00435s


パパが木の枝を持って、母がそれを引っ張りながら歩いてました。

Dsc00437s


崖崩れのポイントまで来ました。

もう少しだ。

Dsc00438s


この風景、この音。

一年しかたってないのに、何だか懐かしい気分です。

Dsc00439s


やっと渡船乗り場に到着。

ここで渡船料金を払います。

一人400円だったかな。

やっぱり去年と水位が全然違います。

Dsc06925s


これは去年の画像です。

全く水位が違いますよね( Д) ゚ ゚

でも、これくらいで・・・って思うでしょ?

俺もそう思って、船頭さんに聞いてみました。

その答えは、すぐに分かります。

Dsc00440s


10分くらい待てば、船が帰ってきます。

それまでにトイレ、トイレ。

Dsc00441s


水はかなり冷たいです。

7.4℃くらいですかね。

ビールを冷やすには、若干温度が高いですが。

前の仕事では、エアコンや冷水ビールケースの修理をやってたんで、手であたっただけで温度が分かってましたよ。

Dsc00442s


そうこうしていると、船が帰ってきました。

さぁ、待ちに待った二段滝です。

レア中のレアですよ~。

Dsc00443s


船は渓谷に張られたロープを船頭さんが引っ張って進みます。

猿飛と言う狭い渓谷を進みます。

Dsc00444s


谷間は結構深くて、水深7mですって。

Dsc00445s


そして、抜けた先は・・・

Dsc00447s_2


これが去年見損ねた二段滝。

大きさは三段滝の方が大きいですが、距離が近いので臨場感が違います。

何より歩いて見に行けないという、秘境っぽいとこがまた良い。

Dsc00448s


滝壺に周辺は大きな川原になってるんですね。

だから水量が増えるとダメなんだ。

Dsc00449s


何とか昨年のリベンジしました\(^o^)/

Dsc00451s


帰りは渓谷の幅を見てみました。

なるほど。

これが猿飛か。

そして、増水したら危ないという理由が分かりました。

これだけ狭い渓谷だから、船が通れませんよね。

流れも速くなるし、川原も小さくなるし、渓谷は狭くなるし・・・

そりゃ欠航するわな。

Dsc00452s


水面に見える森林に差し込む光。

Dsc00454s


そして、水面に映る逆さ景色。

三段峡は行くまでに大変だけど、きっと行く価値がありますので。

みなさんも是非行って下さい。

では、映像も併せてお楽しみください。

どうですか?

これを見たら行きたくなったでしょう?

満足した四人でしたが、姉は頑張って三段滝を見に行きました。

俺はまぁ、去年見てるしと思って、両親を連れて元来た道を引き返しました。

母も体が元気なら、間違いなく長淵から歩いたでしょうね。

Dsc00455s

我々は一足先に水梨口に帰って、姉を待つ事にしました。

Dsc00456s


その間に団子を食ってしまいました((w´ω`w))

Dsc00457s


お母んと・・・

Dsc00458s


パパはソフトクリーム。

Dsc00459s


俺はヨモギと普通の団子の大人食い。

Dsc00462s


15分くらいで姉が合流したんで、姉もストロベリーのソフトクリーム食べて、水梨口を後にしました。




今回はここまで。



以上、蒼い彗星の如く諒磨がゆく!!りょーまくんは団子もアイスも食べるでしょうね。

でした。

子供が同席してたら、こんな贅沢見せられんな・・・

では。

ポチッとよろしく!

|

« 芸北オークガーデンへ | トップページ | 温井ダムの悲劇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

船のコントロールが舵ではなく __________
ロープに掴まるなんて画期的ですね\(^^)/
なかなか迫力のある滝なのに
観光地ぽくなくていいですね~

団子にかぶりつく彗星さんは少年の顔に見えます。
ご両親の前だからでしょうか(*^m^)
お風呂上がり?の姿とは別人ですが・・・

投稿: すてら | 2013年5月14日 (火) 18時23分

すてらさん>

風呂上りの姿を見て、自分でもビックリでしたよ。

子供の頃は観光地で団子やジュースを強請って、いつもダメだと言われ続けてきました。

今は大人になって大人食いをしていますが、子供には間違いなく同じ事を言うでしょうね( ^ω^ )

ワンコを連れてる人もいましたよ。

ひかるくんと一緒にどうですか?

投稿: 蒼い彗星 | 2013年5月14日 (火) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/57369141

この記事へのトラックバック一覧です: 二段滝にリベンジ:

« 芸北オークガーデンへ | トップページ | 温井ダムの悲劇 »