« 年末年始は小豆島へ~その① | トップページ | 年末年始は小豆島へ~その③ »

2014年1月23日 (木)

年末年始は小豆島へ~その②

みなさん、こんばんは。

年が明けて早くも20日ほど経ちました。

ホントに早い。

つーか、1日が早い。

そんなこんなしていたら、桜が咲いて終わり。

『あー、今年も桜を見んまま終わってしもーたねー。』なんて言って。

ゴールデンウィークが来て、フレンドシップデーに行ってみたり。

よさこいの募集が始まって、練習も開始。

祭りの準備に追われ、そして本祭が終わって、夏の終わりを迎え、夏の疲れと戦い。

秋を感じる暇もなくBBQとかやって。

『はや10月かぁ~。気が付いたら年末やろねー』なんて話しながら12月になって忘年会とかやって、仕事納め。

そして気が付いたら年明けてた・・・みたいな。

まぁ、人生はそうして大半の人が終わっていくんです。

だから1日たりとも無駄には出来ないのだ!!




・・・なんて言いながら、メリハリのない生活を最近は送っています( ̄◆ ̄;)






さておき。

新年明けました\(^o^)/

Dsc01850s

2014年1発目は、寝相のワリィりょーまくんの寝顔でした( ´艸`)プププ

Dsc01851s


朝ごはんも部屋まで運んでくれるとの事で、8時に来る予定でしたので、俺は6時過ぎに起きて朝風呂に入ってました。

布団を寄せてもまだ眠っとる・・・( ̄Д ̄;;

Dsc01852s


8時ちょっと過ぎくらいに朝食が運ばれてきて、ゆっくり食べる事になりました。

Dsc01853s


りょーまくんだけでも食べるのに1時間近くかかりますからねー。

まぁ、チェックアウトは大体10時だから、まだ2時間くらいあるしと思い。

Dsc01854s


食事が終わったらもうひとっ風呂入れるね~なんて話しながら。

食べ終わって嫁さんがお風呂に入っていると、食事の後片付けに来て、その後はりょーまくんのお守りをしてました。

9時半過ぎに内線が鳴って・・・

『時間の延長はありますか?』って聞かれて。



ん??




『えっと・・・ありませんけど、チェックアウトって何時なんですか?』

『一応9時となっています』




・・・・!???





マジ!?

つーか、なぜ早く言わん!

とりあえず電話を切って、入浴真っ最中の嫁さんに連絡。

『チェックアウト9時らしいで!』

『え~!?マジで!?』

『延長するかって聞かれたけど、延長する?』

『そうしてもらいたい』

『そーやね、2時間で2000円くらいかかっても慌てるよりはマシやしね』

慌ててフロントに電話して、

『えっと、延長を2時間くらいしたいんですけど・・・』

『あ~・・・11時からお部屋の貸し出しで別の予約が入ってるんで、延長はー・・・』


・・・・・・・


ん?

あー、無理って事ね。

『分かりました。急いで出ます』

『申し訳ありませんが、お願いします』

・・・なんで1回目に延長するかどうか聞いたんだろう・・・?


急いで嫁さんに、

『次の予約が入っちゅうき、延長無理やって』

『え~!?マジでー!?』

そんなやり取りをしている間も、りょーまくんは扉を叩いたり、電話を触ったり、テレビのリモコンを噛んだりと、全くお構いなし(;´Д`A ```

さて、そこから大慌て。

全く何の準備もしていなかったので、服を着替えて洗面所やテーブルの上を片付け、荷物をとにかく詰めて。

嫁さんはバスタオル一枚を巻いて飛び出してきて、りょーまくんの着替えと自分の着替えを出して。

その間にもりょーまくんがテーブルの上の茶器セットを引っ張ってきて、そのまま後ろに尻餅付いて、ゴガシャーーーンって下敷きになったり。

『もぉ~!!りょーま!!こんな急いじゅう時にいらん事せんとって!!』

嫁さんの甲高い声が部屋中に響き。

いつの間にかバスタオルは外れて素っ裸でりょーまくんの着替えをしてオムツ替えて。

それを見て俺は大爆笑してψ(`∇´)ψ

あの様子をビデオに撮っておきたかった(*´Д`*)

何が何やら分からんままに嫁さんとりょーまくんを先にロビーに行かせて、俺は部屋の忘れ物のチェックをしてスーツケース2個とボストンバック1個にリュックサックを背負って後からロビーに向かいました。

せっかく温泉に入ったのに、汗ビショビショ┐(´-`)┌

歯も磨く事も出来ず、フロントで支払いを済ませて、追われるように車に乗りました。

Dsc01859s


チーーーーーーーン



・・・・・・・

車に乗って、早速高松駅近くのフェリーポートに向かいます。

塩江からは、ほぼ真っ直ぐの1本道。

Dsc01862s

サンポートのシンボルタワーは、昔仕事場のメーカさんの支店があったビルなんで、よくきました。

Dsc01861s


小豆島の土庄港行きのフェリーは11時45分発で、まだ10分だったんで、急いでトイレで歯を磨き、嫁さんは車で化粧。

ちなみに池田港行きも出てますが、帰りが土庄から乗りたくて、往復券を買いたかったんで、土庄にしました。

Dsc01860s

コーヒーを待合所でゆっくり飲んでると、受付開始。

並んだのはいいものの、車検証持ってなかったり、人数でドライバーが含まれるとかどーとかで、結構受付にみなさん時間がかかってました。

まぁ、車が勝手には走りませんからねー。

ドライバーは車に含まれますよね。

金額も車の長さで決まるんだから、それを証明する車検証は当然必要だよねー。

・・・なんて、心の中でツッコミを入れながら、俺は・・・

『ドライバー以外の大人1人と1歳児一人です』

30秒で終わりました。

色々連れて行ってくれた親に感謝m(_ _)m

前の方の人が聞かれてる事を聞いたり、相手が欲している情報を簡単且つ手短に言えば、もっとスムーズになるのにねー。

Dsc01863s


朝一のバタバタとは打って変わって余裕の乗船。

Dsc01868s


この日は風が強くて、防波堤の外は白波が立っていました。

Dsc01867s


お客さんはやはり多い。

正月小豆島でゆっくり過ごそうという人が多いようです。

Dsc01866s


車が並んだのが前の方だったんで、さっさと車降りて上に上がって、テーブルと椅子のある場所を確保しました。

りょーまくんは初めての船にも臆する事無く、終始静かでお利口さんでした(o^-^o)

Dsc01870s


船は椅子が殆どで、カーペットが敷かれている、いわゆる客船のエコノミーと言われるスペースは殆どありませんでした。

Dsc01869s


ホントはりょーまくんも、その方が良かったんですが。

Dsc01871s


そんな事を気にする様子もなく。

飲むわ。

Dsc01872s


食べるわ。

ヽ(*≧ε≦*)φ

Dsc01873s


土庄港に着いてから、オムツ交換をしようと思い、ついでにお昼を食べる事になりました。

ちょうど港の休憩所があったんで、そこに決めました。

Dsc01874s


俺は月見うどんを、嫁さんはわかめうどんを。

あと、りょーまくんの為におにぎりを取りました。

Dsc01875s


俺が先にサッサと食べて、嫁さんがりょーまくんに食べさせて、後で役目交代。

いつものパターンです。

Dsc01876s


あまりに下を向いている所が似ているからと言う事で、嫁さんが爆笑しながら撮った一枚。

どの部分が似ているというのかね?



( ̄○ ̄;)!



ご飯を終えて、向かったのは二十四の瞳映画村です。

何年ぶりに行く事か・・・

Dsc01877s

映画村は、結構湾の内側を走り抜けた突先にあるんで、近いようで遠いです。

Dsc01878s


また、この日は若干晴れたり曇ったりで、その上に風が強かったんです(。>0<。)

3年前の淡路島の元旦を思い出します。

Dsc01879s


それでも結構人が沢山来ていました。

一般車の駐車場は、ほぼ満車でしたからね。

Dsc01881s


中に入ると、昔と全然変わってませんでした。

Dsc01880s


水路には相変わらず大きな魚が泳いでました。

メジナの姿もありました。

結構でかい( Д) ゚ ゚

Dsc01882s


風が強くて寒いと思い、厚着をして行かせたんですが、案外暑がりのりょーまくんは平気だったのかもしれません。

Dsc01883s


映画村の映像ホールです。

改札口が懐かしい様相です(*^-^)

もう、俺の時代にはこんなんではありませんでしたが・・・

Dsc01884s


歴代の有名女優さんや俳優さんの写真が飾られています。

Dsc01885s


ちなみに、俺は二十四の瞳は田中裕子さん主演のしか見た事がありません。

映像ホールはりょーまくんがいると入れないので、嫁さん一人がちょっとだけ入っていました。

Dsc01886s


映画では岬の分教場の教え子達が、大石先生の教職復帰をお祝いしたりする場面で使用された水月楼のジオラマです。

教え子達も、戦争や病死で人数が少なくなってしまい、涙のシーンです。

Dsc01887s


分教場の生徒に混ざるりょーまくん。

Dsc01888s


ベビーカーに噛み付いてましたΣ(;・∀・)

Dsc01889s


村の中には、こんな昔風の建物が立っていまして。

お店もちゃんと営業しています。

Dsc01890s

後藤散だ。

後藤散♪風邪薬♪チュウォンウォンウォン!

・・・って、ツルツルのおじいちゃんの人形の頭が揺れてたのを覚えてます。

確か三遊亭円右師匠でしたかね。

後藤散は大分県の臼杵製薬の製品で、高知から九州へ渡る船のオレンジフェリーが八幡浜から出て着く先の臼杵にあります。

Dsc01891s


昔の家って、こんなんだったんですよねー。

隙間風も凄い(゚▽゚*)

伊勢のひぃおばぁちゃん家を思い出します。

Dsc01892s


苗羽高等尋常小学校田浦分校・・・って書いてます。

苗羽で、のうまと読みます。

Dsc01894s


なつかしのリム転がし。

大得意中の得意で、小学校の時の運動会で、ビリから牛蒡抜きでした。

カーブをみんなはリムの端を叩いて曲がるんですが、俺は傾けるだけで曲がれたんで、スピードが落ちなかったんです( ̄ー+ ̄)

25年も経ったら、こんな感じです\(;゚∇゚)/

Dsc01895s


りょーまくんも、もう少し大きくなったら出来るかなぁ(*^-^)

Dsc01896s


嫁さんも竹馬に挑戦。

なかなか難しいですよ。

俺は小さい頃は出来てましたが、十数年前に来た時は、既に出来ませんでした。

Dsc01898s


風の強い中、瀬戸内海をバックに、りょーまくんと記念撮影。

Dsc01899s


続いて嫁さんもりょーまくんと記念撮影( ^ω^ )

Dsc01900s


小豆島と言えば、やはり醤油でしょ。

マルキンは有名で、スーパーでも売ってるんで、ここでしか手に入らないものを買っていこうと思い。

何と、ここでは利き酒ならぬ利き醤油が出来ちゃうんです。

全部で4種類くらいあったんですが、鶴醤(つるびしお)と菊醤(きくびしお)の味をみてみました。

菊醤の方が若干甘みがあって、バニラアイスとかにもかけると美味しいということ。

・・・まぁ、かけすぎは注意ですが。

一応醤油ですからね。

Dsc01901s


なので、醤油を使ったソフトクリームを試してみました。

Dsc01902s


外は凍えるくらい寒い暴風が吹き荒れてるんですが。

旅先のソフトクリームは欠かせないのが内の家族です。

味は醤油の香りがほのかに香る、甘~いソフトクリームです。

濃厚で、ほんのりしょっぱい感じ?

ですかね・・・(;´▽`A``

百聞は一見にしかずなので、行って食べてみてください。

Dsc01905s


昔のおもちゃのコーナーでは、けん玉やコマやタケコプター・・・

もとい、竹とんぼがありました。

けん玉に挑戦する嫁さんですが、既に持ち方が間違っています\(;゚∇゚)/

Dsc01907s


帰り際にバカボンと2ショットに、なぜか不機嫌そうなりょーまくん。

僕はバカボンじゃないよー・・・って感じかい?

Dsc01908s


最後は赤い霊柩車の若い頃ヽ(´▽`)/




以上、蒼い彗星と諒磨がゆく!!古き良き時代と、便利な現代。

でした。

中間に生きた世代が一番物の大切さを知っているのかも・・・

では。

ポチッとよろしく!

|

« 年末年始は小豆島へ~その① | トップページ | 年末年始は小豆島へ~その③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小豆島、放浪癖のある(?!)うちの父親がたまに行ってます!
私は行ったことないです・・・。一度は行ってみたいな♪
しかしチェックアウトのシーンでまたもや大爆笑しちゃいました!
バタバタが目に浮かびます(笑)
8時に朝食で9時にチェックアウトって・・・coldsweats02
最近は11時チェックアウトのところも増えてきてるのにね!

投稿: marble | 2014年1月25日 (土) 14時24分

marbleさん>
小豆島は冬よりも5月の連休か、夏がいいですね。
関東からだと、飛行機なら高松空港からタクシーでフェリーポートに行って、現地でレンタカーを借りると良いです。
電車なら神戸港、姫路港、岡山の日生港、、新岡山港、宇野港と、色んな場所から船が出てます。
デザイン関係のお仕事をしているなら、芸術の島と言われる豊島や直島などp、島巡りをしてもいいですよ。

それにしても、チェックアウトはビックリでした。
どうやら日帰り入浴でお部屋を使うお客さんで予約いっぱいだったようです。

バタバタ劇・・・
marbleさんが体験する日も、そう遠くないでしょう。
夫婦二人の時間なんて無くなっちゃいますから、覚悟しておいてください(o^-^o)

投稿: 蒼い彗星 | 2014年1月26日 (日) 18時40分

新年早々のバタバタ劇、おつかれさま。
9時のチェックアウトで8時過ぎの朝食は、
そのつもりで準備してないと無理ですよね。
数年後にはいい思い出かも?
最後の「中間の世代が…」の一行、そうかもしれませんね。

投稿: まーちぇぶ | 2014年1月28日 (火) 13時57分

まーちぇぶさん>
バタバタには慣れているんですが、他人に迷惑を掛けるかもしれない・・・っと思うと、気が気でなくなります(^-^;

貧しくても苦しいし、裕福になり過ぎても結局その時だけで、行き着く先は貧しい生活になるんです。

どーしてそれが分からないのか・・・っと、最近よく思います。
何事も先読みが大事だと思うんです。
転ばぬ先の杖・・・とは、なかなか良い言葉だと思いました。

投稿: 蒼い彗星 | 2014年1月30日 (木) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/58991424

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始は小豆島へ~その②:

« 年末年始は小豆島へ~その① | トップページ | 年末年始は小豆島へ~その③ »