« 年末年始は小豆島へ~その④ | トップページ | 節分の日は・・・ »

2014年2月 7日 (金)

年末年始は小豆島へ~最終

みなさん、こんばんは。

急にまた寒くなりましたね~。

体調など崩さないように気をつけましょうね~。




最近テレビが面白くありませんね~。

どこのテレビ局も半ば素人の様なグラビアアイドルやモデルさんを使ってトークさせたり。

芸能人の私生活を赤裸々に暴いたり。

他人の生活や人生なんかに興味ないんですけどね~。

凄い事の様なVTRになってますが、あれ以上の事はみんな経験していますから。

大して凄いとも思わないんですよ。

あと、天然系ってどうなんでしょう・・・

普通に話しているだけで、何が芸能なんだろうって思ってしまいます。

普段は普通でもバカを演じて、テレビを見ている人がそう思い込んだらそれは芸能ですよね。

だけど、素なんですから、それって一般人と変わりませんよねー。

才能って言えるんでしょうか・・・

そう考えると、腹話術やマジックなどは、本当に努力して、才能もいるんだなぁと。

これが本当の芸能人ですよ。





さておき。

前回の続き。

寒霞渓を後にして、南側を下っていきました。

途中ロープウェイ乗り場の看板を見ながら、改めて反対だった・・・っと嘆く(*´ェ`*)




国道まで下りてきて、次はハーブ園に行きたかったんです。

途中オリーブ公園とオリーブビーチなる看板が目に入ったんで、トイレ休憩がてらちょっと寄って見る事に。

Dsc01994s

寒霞渓から国道に下りてきた時点で、嫁さんとりょーまくんはご就寝。

一人でトイレに行って、ビーチを歩きました。

夏は海水浴でいっぱいになるビーチも・・・

Dsc01995s


今時期は風ばビュービューと吹いて、寒い寒い。

特に何も無いので、早々に後にして、すぐ近くにあるオリーブ記念館へ寄りました。

Dsc01997s

ここは、オリーブ公園という広い敷地の一角にあります。

Dsc02067s


寒霞渓から下りて来て、ちょっとだけ西に進むとオリーブ園なんですが。

その途中にありました。

山の手からはオリーブ園にもつながっています。

Dsc02068s


山一帯が大きな公園になっていて、オリーブの木が沢山あって、ギリシャっぽい建物や支柱があります。

Dsc02004s


温泉やレストランも併設されていて、一日中遊べそうです。

今日は人も車もいっぱいでした(@Д@;

Dsc01996s


嫁さんとりょーまくんは車で就寝中なんで、一人でブラブラと。

ここはオリーブ記念館で、オリーブの歴史や産業、特性などの情報を資料と映像で見られます。

Dsc01998s


ワタクシの大好きなハーブ園です。

130種類のハーブの苗木販売をしてるんで、行ってみました。

Dsc01999s


特にここで特別に欲しいハーブも無いんで。

客も俺一人だったし・・・

Dsc02000s


奥はギリシャ風車とかがあるんですが、現在工事中。

小豆島は、1989年にエーゲ海のミロス島と姉妹島の調印を行い、その有効の証として風車を建設したそうです。

Dsc02001s


ここはハーブガーデン。

春になったら一面のハーブ畑になるんでしょうね。

Dsc02002s


エリエストローダと言う場所です。

Dsc02003s


ギリシャ語でオリーブの輪という意味で、石畳の円の中心に立って女神像に向かって想いを声に出して伝えると願いが叶う・・・っと言うラブスポット。

・・・おっさん一人です(/ー\*)

他にもオリベックスうちのみというギリシャ風の宿泊ロッジが丘の上の端にあったり、ハーブクラフト館ミロスという、リースやポプリを作ったり出来る体験館があります。

オリーブビーチや温泉とセットで楽しめますね。

Dsc02005s

明治41年に、日本にもオリーブ栽培を根付かせたい!・・・と考えた日本は、アメリカから輸入したオリーブの苗木を三重県、鹿児島県、そして香川県の小豆島に植えたそうです。

当時はイワシなどの油漬け加工に重宝されていたんで、これを国内で自給したいと目論んでいたからだそうですが。

3件に植えられたオリーブの中で、しっかりと根付くことが出来たのは、小豆島に植えられた苗木だけだったそうです。

ゆるやかな傾斜の栽培地と、海からの反射光などの、栽培に必要な条件が揃っていたという事です。

それ以来、小豆島はオリーブの島として、親しまれている様です。

Dsc02006s


ここで東京の友達達にお土産を買って送ろうと思い。

あと、俺は苗木が欲しかったんです。

Dsc02007s


オリーブ公園の一部なんで、山の斜面にある公園全体を散策出来ます。

もう少し暖かくて、りょーまくんが歩けたら一緒に探検するんですが・・・

寒いし、長時間の抱っこで腕がへし折れそうだし(;´д`)トホホ…

Dsc02008s

昭和天皇御手播きのオリーブです。

1950年(昭和25年)、3月15日昭和天皇が四国地方御巡幸の際、香川県農業試験場小豆分場にお立ち寄りされ、オリーブの種子を御手播きされたもので、立派に成長している樹の内のひとつだそうです。

Dsc02009s


オリーブの実の碾き臼ですね。

昔は地元の人達の協力で運営していたそうです。

Dsc02010s


これは圧搾機ですね。

これでオリーブオイルを搾り出すんでしょう。

昔は自動の機械ではなく、手作業だったんですね。

ワインと同じだ( ̄ー+ ̄)

古いシャトーは今でも手作業で行っていますけどね。

Dsc02011s


ここでお昼になって、お腹も空いたので、レストランで昼食タイムにしました。

レストランはお客さんでいっぱいでしたが、たまたま運良くすぐに座る事が出来ました。

もう少し遅かったら、大混雑でした・・・

これはひしお丼といいます。

小豆島のもろみ味噌で味付けしたそぼろと、旬の新鮮野菜をふんだんに使っています。

お好みでエキストラヴァージンオイルとハーブ塩をかければ美味しさもひとしおです。

箸安めにオリーブの漬物も付いて950円。

Dsc02012s


嫁さんとりょーまくんは、小豆島のそうめんセット。

Dsc02013s


あったかいのかと思いきや、氷の入った冷たいそうめんでしたが、りょーまくんはツルツルが大好物。

若干暖めて食べさせてましたが。

あまりの食欲に、嫁さんのご飯は殆どりょーまくんが食べてしまいました(*´Д`*)

まぁしかし、よく食べること( ^ω^ )

Dsc02015s

時より『だぁ~っ!!』っと言って膝を見せるりょーまくん。

何故か右膝だけなんです。

Dsc02016s


レストランの隣には、ヴァージンオイルや、さっきのオリーブ塩などが売っています。

店のレジとウェイトレスさんが兼任なんで、てんてこ舞いでした。

お正月なので、人手不足の様です。

Dsc02017s


レストランから再びお土産屋さんに戻ってきて、これを発見!!

Dsc02019s

りょーまくんは冷たいお昼ご飯を食べたから、ちょっとだけしか食べられません。

味はオリーブ・・・の味はしませんでしたが、香りが穂のかに。(* ̄ー ̄*)

Dsc02020s


他にもお土産屋さんには、オリーブグラッセ、オリーブハンドクリーム、化粧品、シャンプー、日本酒、焼酎等々。

そうそう、例の屋島で買ったオリーブラーメンもありましたよ(*^-^)

今回は買いませんでしたけどね。

理由は・・・です(;´Д`A ```

鶴醤も売ってました。

俺の目的はオリーブの苗木だったんで、3種類全部を買いました。

Dsc02021s


お土産屋さんでりょーまくんがひとしきり手放さなかったオリーブちゃん。




・・・・しょうがない。

お父さんとお母さんからのプレゼントね(o^-^o)




Dsc02055s


後日、こんな状態で、俺が修復しました( ̄◆ ̄;)





そんなこんなで、3時半で良い時間となり。

本当はエンジェルロードをりょーまくんと歩きたかったんですが、人もいっぱいだし、何よりまだ歩けないんで・・・

次回の楽しみとしますかね(゚ー゚)

Dsc02023s

土庄発15時45分の船に乗船。

往復券だったんで購入の手間がなく、すぐに並べたんですが、3列目の一番前。

乗れるかどうか不安だったんですが、楽勝でした。

Dsc02024s


さようなら、小豆島。

次来るのはいつかなぁ・・・

Dsc02025s


帰りの船は椅子が多くて、一番前の方に座ったんですが。

あまりに暖房が効きすぎて、いつもはお利口さんのりょーまくんも、暑さで逆上せて若干愚図ったんで、荷物を嫁さんに任せて後ろの甲板へ出てました。

Dsc02026s


高松へ着いたのは17時でした。

帰りに健康ランドで貸切風呂でもあれば入って、ごはんも食べて帰ろうと思ったんですが。

スマホで調べるも、結局無くて。

いつもの将八うどんを買おうと、豊浜SAに寄って見るも、満車状態でそのまま本線へ。

Dsc02027s


やはり正月の2日です。

どこもいっぱい・・・

Dsc02028s


仕方が無いので、結局市内のフジで買い物して、この通り。

正月の贅沢なご飯が、2日目の晩から割引シールのついた寿司や、惣菜に早変わり(;´▽`A``

Dsc02029s

帰って来たりょーまくんは、何となく急にお兄ちゃんになったような・・・

Dsc02030s


3日はまだ嫁さんも休みだったんで、オリーブを植え替えしたり。

Dsc02031s


年末出来なかった換気扇やキッチンの掃除を2人でやりました。

Dsc02032s


たぶん、ここまでやる人はいないだろうけど、一度やっとけば、しばらくやらなくていいですからね。

Dsc02033s


帰って来て早々に、キッチンもこんな状態。

Dsc02034s


鶴醤は、まだ現在も封が切られてない状態です(゚ー゚;

Dsc02035s


朝摘みバジルソースです。

パスタに入れて、美味しかったです( ^ω^ )

Dsc02066s


最後に、今回1泊目の塩江温泉奥の湯。

Dsc02065s


とってもゆっくり出来て、普段の日はリーズナブルですので、是非行ってみて下さい。

以上、蒼い彗星と諒磨がゆく!!来年こそはお金を貯めて、今度は3人で九州へいくぞ!!

でした。

・・・10万以上はいるなぁ。

では。

ポチッとよろしく!

|

« 年末年始は小豆島へ~その④ | トップページ | 節分の日は・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/59077445

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始は小豆島へ~最終:

« 年末年始は小豆島へ~その④ | トップページ | 節分の日は・・・ »