« 11月3日 今治~大三島~大久野島へ | トップページ | 倉敷~与島 »

2015年11月16日 (月)

大久野島から倉敷へ

みなさん、こんばんは。

先日はシレーーーーーっと身重の嫁さん・・・っと書いていましたが。

嫁さん、ご懐妊です(笑)



まぁ、会社でも色々とありまして、更なる高見を目指す為に大博打を打つ決断をしました。

とかく大変な時にプライベートでも大変になると、足を引っ張られた様にいう人がいますが。

それは逆。


むしろ、新しい命の為に頑張らねば。

後輩達も家族も俺自身も、まとめて面倒みてやるぞくらいの勢いでないとね。

今年は厄年ですから体の不調など色々です。


が!!



俺の座右の銘は、『厄は飛躍の躍』なので。


見事、飛躍出来るように。

3年後、5年後を見据えた計画で。

あえて自分に負荷をかけて、見事乗り越えてみせましょうぞ!!



そんなに簡単にはいかないだろうけどね・・・






さておき。

Dsc05280s


ここが宿泊施設。

前回も言いましたが、6月には年末年始の予約が満室になるということ。

Dsc05285s


1階にはホテルの受付と、レストランとお土産屋さんに軽食店があります。

そこの軽食店の『うさんちゅ』でお昼を食べました。

Dsc05284s


瀬戸内名物のタコ天うどんを2つと、りょーまくんは普通のかけうどん。

Dsc05283s


お汁と一緒にガッツリ食べています。

いつでもどこでもうどんは大好物です(o^-^o)

Dsc05287s


食事後はお土産屋さんを散策。

Dsc05288s


うさぎの鼻くそとうさぎのふんクッキーを買いました。

鼻くその方は、豆菓子をチョコでコーティングしたお菓子。

少し甘さが控えめ過ぎて、俺には物足りませんでした。

ふんクッキーは、チョコチップクッキーで、コーヒーにとても良く合う甘さのクッキーでしたよ。

Dsc05289s


ロビーの真ん中には大きな兎の写真があるので、りょーまくんを置いて記念撮影(*゚▽゚)ノ

Dsc05290s


その後、ウチの旅でのお約束のソフトクリーム。

ある意味、これが一番の贅沢かもしれません。

生乳使用で、コーンの先まで詰めっ詰めでしたよ♪

ボリューム満点o(*^▽^*)o

Dsc05291s


カメラ向けたら、おじぃちゃんみたいな顔してました( ^ω^ )

Dsc05292s


建物を出て、海岸沿いに行ってみました。

瀬戸内の島々が綺麗に見える絶景のポイントでしたが。

ここでりょーまくんはウ○チタイム・・・

ソフトクリームが効いたんでしょうかね( ´艸`)プププ

嫁さんが連れて行ってオムツを替えたんですが、中から聞こえるのは息子の断末魔の叫び声でした( ̄Д ̄;;

外国人の人も沢山訪れる事で有名な島ですが、みなさん奇異な表情でトイレから出てきてました(;´▽`A``

※(当ページの以下の毒ガス施設の説明には、環境省による説明文を引用しています。)

Dsc05293s


建物のすぐ脇にある施設跡です。

ここは毒ガスの貯蔵所跡です。

猛毒で皮膚がただれるびらん性猛毒ガスの『イペリット』が貯蔵されていました。

10トン入るタンクが部屋に置かれ、工場から配管を伝ってそのままタンクに送り込まれていたそうです。

『イペリット』や『ルイサイト』の様な液体の毒ガスは、腐食を防ぐ為にタンクの内部に鉛の板を張っていたそうです。

腐食するという事は、強い酸性のガスだったんでしょうか。

Dsc05296s


その先の海岸線は工事中でした。

海水浴場でも作る予定なんでしょうか。

Dsc05295s


工事現場に使用する仮囲いのフェンスにも兎の写真が入っているのは、大久野島ならではでしょうね。

Dsc05297s


更に島の外周を奥に進むと、凄い潮流が見えました。

ザーザーと音がして、まるで川です(lll゚Д゚)

時刻はちょうど2時過ぎくらいだったので、混潮ですかね。

Dsc05298s


途中にはテニスコートが沢山並んでいました。

その途中に中部砲台跡と展望台に上がる道があります。

今回はりょーまくんがいるので、次回の楽しみとしましょう。

Dsc05300s


更にその先に行くと、毒ガス貯蔵庫跡と日本庭園跡と書かれていました。

次回のお楽しみです。

Dsc05299s


テニスコートにも兎さんがいっぱい。

Dsc05301s


いたるところに兎さんはいますが、島の反対側の方が、何だか綺麗な兎さんが多いと思ったのは俺だけでしょうか・・・

Dsc05302s


港の方はけっこう顔が汚れた兎が多かったんですが、皆さんイケメンに美人さんばかりです(*^m^)

Dsc05303s


島では、ちょうど港の反対側になりますが、こんな大きな建物がありました。

Dsc05305s


これも毒ガスの貯蔵所の一つです。

中が黒く焼け焦げているのは、毒ガスを処分する時に、火炎放射器を使った跡だという事です。

当時、建物の前には4m程の小山を築いて、コンクリートを迷彩色で塗装して、海上から見えにくくしていたそうです。

Dsc05306s


更にその先も道は続いていましたが、上りの急坂が続いているので断念。

しかも沢山の重機がガーガーと動いていて、音でりょーまくんが目覚めると可哀そうなんで、次回の楽しみとしました。

地図を見ると、その急坂を越えれば発電所跡があって、港へ戻れるんですが、ここで引き返すことにしました。

Dsc05307s


来た海岸線を再びUターン。

少し歩くのも妊婦さんにはいいんですよ。

りょーまくんは轟沈です。

Dsc05309s


昼から良いお天気になったんで、兎さんも気持ち良さそうにお昼寝です(◎´∀`)ノ



海岸線を戻り、宿泊施設の前まで戻ってきました。

宿泊施設の隣には、自転車の貸し出し施設があり、そこに廃墟となった古い建物がありました。

当時の毒ガス製造時代の研究室と薬品庫として使用されていたようです。

隣にも建物があり、検査工室で、毒ガス製品の管理や機密書類の保管、毒ガスの検査などが行われていたという事です。

大久野島に休暇村が整備された頃は、これらの建物が一時的に宿泊施設に利用されていた次期もあったようです。

Dsc05311s


更に戻り、ビジターズハウス付近には毒ガス資料館がありました。

入館は有料です。

旧日本陸軍は1929年から終戦まで、この島で密かに毒ガス製造を行っていました。

主なガスはイペリットとルイサイトと言われるびらん性の毒ガスで、皮膚をただれさせる効果を持ち、多いときは年間1500トンの生産量だったそうです。

15年間での総生産量は6616トンも生産していたということです。

第二次世界大戦が終わると、進駐してきた連合軍の指示の元、日本人作業者によってこの島にあった毒ガス工場や製品を1946年から焼く1年間かけて薬品で消毒したり、太平洋沖に沈めたり、火炎放射器で焼いたりして処分したそうです。

近くの建て看板にはこう書かれていました。


戦争の悲惨さを

平和の尊さを

生命の重さを


この歴史を忘れない為に

二度と再び繰り返さない為に

いつまでも平和であり続けるために


1929年から1945の終戦までに大久野島は秘密の毒ガス島として陸軍毒ガス場が建設されていました。

その間、各種の毒ガス製造作業や戦後の処理作業で被毒した多くの人が亡くなっています。

この資料館は恐るべき毒ガスの実態をできるだけ多くの人に知って頂き、忌まわしい歴史を2度と繰り返さない庫とを願って、元従業員やご遺族から貴重な資料をご寄贈頂き展示しています。

~大久野島毒ガス資料館~記



安保法案がクローズアップされている世の中ですが。

成立当初の今の政治家や現在世の中心となっている世代の国民の大半がいない50年後、60年後に再び忌まわしい歴史が繰り返されない事を祈ります。

Dsc05313s

ビジターズハウスの裏には、電話の自動交換所跡がありました。

Dsc05315s


時刻はすでに14時半を過ぎていました。

本当は最終便の16時15分の船に乗って広島の忠海港に渡る予定だったんですが。

時間的にもう1便早い15時15分に乗ろうという話になりました。

Dsc05316s

電気は本土から送電線をつないで送られてきているんですね~。

Dsc05317s


さすがに水は浄水場が無いので、船で定期的に送ってきている様子です。

宿泊施設の近くには、大きな受水槽が見えたので、船からこの配管を伝って送ってるんでしょうね。

Dsc05318s


途中、こんなのがありました。

島と島の間を船が通り抜ける秒数で、船の速度が計算出来るんですって。

・・・あっ、頭がΣ((oÅO艸*)

Dsc05319s


港の車まで戻ってきて、嫁さんとりょーまくんが車内で休んでいる間に、俺一人で船の時間まで島の反対周りに行ってみました。

これは石の桟橋です。

毒ガス工場時代も人が上陸する桟橋に使用されていたんですが、その後は資材などを陸揚げする為に使用されていたそうです。

その後、新たに整備された表桟橋や、西側の長浦桟橋が使用されるようになったそうです。

毒ガス工場の秘密を守る意味でも、本土から良く見えるkの桟橋を使用出来なかったためと考えられているそうです。

Dsc05321s


すぐ近くには発電所跡がありました。

Dsc05322s

毒ガス製造時代に電気を発電していた発電所跡です。

中にはディーゼル発電機が8基設置されて、燃料として重油が使用されていたそうです。

また、この建物では1944年11月~1945年4月まで、「ふ号作戦」に使用する風船爆弾を膨らませ、弱い部分を補修する作業も行われていたそうです。

使用された風船は、動員学徒の女学生が和紙をコンニャク糊で張り合わせて作っていたそうです。

Dsc05323s


その時代にも、こんな感じで兎さんがいたんでしょうねー。

Dsc05325s


15時15分に来た船に乗り、大久野島を後にしました。

小豆島のエンジェルロードではないですが、次に来るときはりょーまくんと自転車で回りたいですねー。

Dsc05326s


こうしてみると、島の反対側で断念した急坂を越えたら直ぐに港だったんですねー。

Dsc05328s


客室デッキには上がりませんでした。

車の中から嫁さんに撮って貰ったんですが・・・

俺、少々お疲れの様子_ノフ○ グッタリ

Dsc05334s


忠海港には10分程度で着きました。

GWの時の混雑ぶりがウソの様ですΣ(゚д゚;)

そこからGWに大久野島行きを諦めた後に来て遊んだ三原市の須波海岸で時間潰しをする事にしました。

Dsc05329s


懐かしの自販機。

りょーまくん、覚えてるかなぁ・・・

ご丁寧に空き缶のゴミ箱に雑ゴミの袋を引っ掛けてましたが・・・

これだったらどこに捨てても一緒だっつーの(`Д´)

種類は違うけど、ゴミ箱まではちゃんと持ってきましたよ的な感じでしょうかね。

何の意味もねぇし・・・

Dsc05330s


GWの時は恐がった波も、もう恐くありません。

種崎の海岸で鍛えられましたかね・・・( ̄▽ ̄)

自分から突撃していました。

Dsc05331s


GWの時は、蜂がブンブン飛んでいて、ヒヤヒヤだったんですが、今は綺麗に剪定されていました。

Dsc05333s


ここでりょーまくんとかくれんぼヽ(´▽`)/

みっかちゃった(≧m≦)



時間潰しが終わって、須波から北上して三原市の市街地を通り2号線をひた走り、尾道から山陽自動車道に乗りました。

Dsc05335s

途中、福山のPAで休憩。

Dsc05337s


嫁さんが手洗いに行ってる間に、りょーまくんと散策。

Dsc05336s


ばらロールは美味しそうですね~。

ピンクとレッドと2種類ありまして、ピンクはダマスクローズの花びらを刻んでクリームに混ぜた米粉を使用したロールケーキです。

一方レッドは、ダマスローズの香りをまとったスポンジ生地に、薔薇の花びらのジャムを花芯にみたてて巻いているロールケーキです。

どちらも美味しそう・・・

Dsc05338s

こちらはお馴染み、広島名物の紅葉饅頭です。

メープル味のケーキみたいですね。

Dsc05339s

美味しそうなコロッケ・・・

かと思いきや、レアチーズケーキ。

こちらも米粉を使用して、コロッケに見立てて焼いたコロッケそっくりの中身はレアチーズケーキです。




倉敷に着いて、まずは晩飯屋探しです。

バイパスにはサイゼリアやロイヤルホスト、蔵寿司やスシロー、その他中華屋、和食屋、焼肉屋などなど・・・

探している間にりょーまくんはまたもや夢の中・・・zzz

Dsc05341s


最終的に選んだのは蔵寿司でした。

さほど時間はかからずに席に付けたんですが、起きたばかりなのか、あまり食欲の無いりょーまくん。

茶碗蒸しやフライドポテト、りんごジュースを飲んだりしている内に、いきなり大量のゲロを・・・∑(゚∇゚|||)

テーブルや服や椅子、床はゲロまみれ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

慌てて車に戻ってタオルと着替えを持って来て。

幸いにも周囲が小さい子を連れた家族だったんで、クレームは無かったものの、店員さんにはご迷惑をお掛けしましたm(_ _)m

Dsc05342s


夕食後はいつものハローズでお買い物。

昨晩のビールが残ってたんで、お酒は買わずに。

りょーまくんがゲロったんで、お腹すいているかもしれないから、軽くおにぎりを買ったり、翌朝のご飯を買ったり。

今晩もラブホ泊まりなんで、ナビにインプットして出発。

ホテル付近に近づいてくると、ホテルらしきネオンが山の上に見えました。

ナビ通りに進んでいくも、結局トンネルに入ったりして、なかなか見つからなくて、30分以上行ったり来たりで・・・

最終的にトンネル手前の小道に入ってナビ通りに進んでいくも、着いた先は霊園・・・

そして車の周囲は墓地・・・

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

数年前の岡山のラブホサウナでの黒髪事件を思い出しました。

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

広島から岡山に来ると、必ずこうなるというジンクス。

結局、そのトンネルの山の上にあったんですけどね・・・

山にはいくつも登り口があって、墓もあるけど民家もあり、ユースホステルもありました。

真っ暗だと分かんないもんね(;´Д`A ```

Dsc05343s


まぁ、普通のホテルだったんですが・・・・

Dsc05344s


笑ってしまったのが、乗馬マシーンがあったことですね(笑)

このブログをずっと見てくれている人は分かりますよね(笑)





以上、蒼い彗星の如く、諒磨とゆく!!今回は特に怖い事は無かったですよ。

でした。

りょーまくんが洗面所の電気を消した時、嫁さんが激怒していましたけどね・・・

では。

ポチッとよろしく!

|

« 11月3日 今治~大三島~大久野島へ | トップページ | 倉敷~与島 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この間コメント書いたのですが、きちんと投稿出来ていなかったのか反映されていませんでした〜!というわけで、私の中では2回目の(笑)「おめでとうございまーす!」
りょーまくんのお誕生日も、おめでとうございます(≧∇≦)
以前の記事であまり沢山食べられないと書いてあったので、さとみぃさん悪阻がひどいのでしょうか?これから寒くなりますし、お身体大事にしてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

投稿: marble | 2015年11月17日 (火) 11時57分

marbleさん>
ありがとうございます(o^-^o)
投稿、やっぱりうまくいかない時、ありますよね?

それが悪阻が全くないんです・・・
りょーま君の時もあまり無かったんですが、ご飯の炊きたてだけはダメでした。
ただ、一気に食べ過ぎると気持ち悪くなるらしく、ちょっとづつ食べないとダメなようです。
こんな悪阻もあるそうですよ(*^-^)

投稿: 蒼い彗星 | 2015年11月23日 (月) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/62685578

この記事へのトラックバック一覧です: 大久野島から倉敷へ:

« 11月3日 今治~大三島~大久野島へ | トップページ | 倉敷~与島 »