« 大晦日は鈍川温泉へ | トップページ | ル・ポール粟島へ »

2016年1月16日 (土)

2016年の元旦タン♪

みなさん、こんにちは。

寒い日が続きますね。

朝晩と昼の気温差が凄いですよね。

最近ではお風呂に入る時にヒートショックという現象で、心臓麻痺を起して亡くなる方が増えていると言う事です。

俺も気を付けよう・・・なんて思ってるんですが。

どうせ思うだけで終わります( ´艸`)プププ

みなさんはお気を付けください。




さておき。

Dsc05502s


元旦の朝を迎えました。

31日に3時まで起きていたせいもあり、昨晩は深い眠りだったせいか、嫁さんも俺も気が付いたら7時でした!!(゚ロ゚屮)屮

慌てて着替えを持って、今朝入れ替わった温泉に突撃。

Dsc05503s


昨晩とは違って、谷間や川が見えるようになっています。

Dsc05504s

まぁ、景色がそんなに良い訳ではありませんが・・・

雰囲気ですよ(o^-^o)

Dsc05507s


朝はウチが一番乗りでした。

8時だったんですけどね。

いつまで経っても誰も何も言わないし、エアコンも入れてくれないんで寒くてたまりませんでした。

もう勝手に食おうぜって事になって、ご飯の釜に火を付けて、勝手に食べていました。

Dsc05508s


そうこうしていると、他のお客さんがゾロゾロと来て、やっとお雑煮が出てきました。

お餅と具は俺が食べて、お汁はりょーまくんの元に・・・

この汁好きめ。

Dsc05509s


その後は延々と海苔を破って食べてました。

家で貰ってきている海苔が美味しいので、余り食が進みませんでしたが・・・

この海苔好きめ。



朝食を済ませたら、部屋に帰って出発の準備。

先に荷物を嫁さんが持って行って、俺とりょーまくんが後からロビーへ。

既にロビーには日帰り初入浴のお客さんでいっぱいw(゚o゚)w

地元のおじさんが湯がヌルイって怒っているのを横目に支払いを済ませて。

ホテルのおじさんに見送られて鈍川温泉を後にしました。


・・・・また、絶対イノブタ鍋を食いにきてやる!!

それだけが心残りでした(p_q*)




鈍川温泉を後にして、湯ノ原から高速に乗って香川県は三豊市を目指しました。

今日は三豊市詫間の沖にある粟島という島に渡ります。

間違えて手前の大野原で高速を下りてしまったんですが、ちょうどお昼でしたんで、マクドナルドに入りました。

Dsc05510s

ポテトとバぺポセットを買って。

俺は昨晩折りに詰めてもらった鯛めしとポテトを食べてました。

ハンバーガーは嫁さんにあげたんですが・・・

Dsc05514s


人生初のハンバーガーにかぶりつくりょーまくん。

よほど美味しかったのか、ポテトと併せて殆ど一人で食べてしまいました。

まぁ、朝飯で海苔と汁しか食べてませんからね・・・

Dsc05511s

その間に俺はお馴染みハローズで今晩の寝酒とちょっとした飲み物を買いに行きました。

粟島は小さい島ですので、コンビニやスーパーなんかありませんからね。

自転車で軽く一周できるくらいの大きさです。

Dsc05515s


ですが、俺が想像していたのが、大久野島へ渡るくらいの船を想像していたので、まず港探しに苦労しました。

たどり着いたのは漁港・・・( ̄Д ̄;;

Dsc05516s


恐る恐る管理事務所に聞いてみると。

なんと渡船には車1台しか乗れないらしく、しかも予約制。

片道2000円弱とかなりお高い・・・

一度はお金を払ったんですが、嫁さんと相談して荷物を最小限にして、車を置いて島に渡る事にしました。

ちなみに今晩宿泊予定のル・ポール粟島は、駐車場が8台置けます。

日帰りやその他の宿泊の人は、漁港に置く事になります。

何より漁港は島の住民の方が沢山駐車していますので、いっぱいなら少し離れた岸壁に置かなければなりません。

Dsc05517s


取あえず船が来る15時10分までは2時間近くあるので、嫁さんが荷物の準備をしている間にりょーまくんとお散歩。

ところが、他人の敷地に入ろうとするりょーまくん。

静止すると大声で泣きながら敷地の周囲を回り、再び入り口から入ろうとして、また静止・・・

何度かそれを繰り返している内に、その通り道に割れたプラスチックの植木鉢が段差のすぐ向こうに転がっているのに気づき、危ないなとは思っていたんです。

ですが、そういう時に限って思って処置するまでに事故は起きるんです( ̄◆ ̄;)

案の上、段差に気が付かず、足がガクッと来て前に倒れこんだりょーまくんは、手を付いたんですがつき出した鉢の割れた部分に顔を突っ込んで・・・Σ(`0´*)

危うく目を突く所でしたι(´Д`υ)

Dsc05520s


眉の上と目じりを切ってしまい、ちょっと血が滲んで痛そう・・・

本人は気にしていない様子でしたが、こんな時に限ってカットバンを忘れてきているんです。

Dsc05518s


取あえず待合所で乗船券を買って、待機する事にしました。

Dsc05519s


待合所には粟島の案内が出ていて、何やら漂流郵便局??なるものがあるとか。

テレビでも紹介されたみたいです。

Dsc05522s


少し眠たそうなりょーまくんと俺。

俺も眠たそう・・・

Dsc05523s


15分くらい待っていると、続々と人が一気に集まり始めて。

Dsc05524s


15時に船が付きました。

随分と小さい船だけど、どこに車が乗るんだろう・・・

本当にこの船なの?

・・・って思ってたんですが。

Dsc05525s

車が乗るの、ココみたいです(笑)

人が全員乗った後で船を回してケツを付けたら運転手が桟橋をバックで運転して乗るって感じですかね。

運転手は乗ったままですよねー。

それにしては渡船料が2000円とはお高い((・(ェ)・;))

Dsc05527s

りょーまくんはバギーに乗せて乗船。

少し眠たそうにしていたんで、座敷を確保。

Dsc05529s


船長さんにお願いして、救急箱からカットバンを分けてもらい、眠っているりょーまくんのおでこにそっと貼りました(*^-^)

Dsc05530s


粟島には15分で到着。

16時前でしたが、もう既に日暮れです。

まだ少しは走れそうかな・・・




以上、蒼い彗星の如く、諒磨とゆく!!人生初の粟島散策。

でした。

実は俺は来たことがあるのだ( ̄ー+ ̄)

では。

ポチッとよろしく!

|

« 大晦日は鈍川温泉へ | トップページ | ル・ポール粟島へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/63071264

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年の元旦タン♪:

« 大晦日は鈍川温泉へ | トップページ | ル・ポール粟島へ »