« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

3月21日 姫路城 後半戦

みなさん、こんにちは。

あっという間に4月も終わり。

新成人の皆さんは、この連休でちょっと一休みですか?

学生気分がリバウンドしないように(笑)




さてさて。

Dsc_0406s

南の本丸に降りてきました。

Dsc_0409s


景色も良かったんで、街並みを撮影していたら、どこか遠くの方で聞いた事のある声が・・・


Dsc_0407s

愚図る声と叱る声・・・

あぁ、ウチの家族ね(;´▽`A``


Dsc_0410s

将くんと俺は気分よくお城をバックに写真撮影。

Dsc_0414s

それに対して愚図るりょーまくん。

既に1時を過ぎていたんで、お腹すいたんでしょうかね。



早々に菱の門側に戻りました。

Dsc_0417s

途中、お菊井戸がありました。

Dsc_0416s


播州皿屋敷の怪談で知られるお菊井戸です。


Dsc_0418s



今でも・・・

『1枚、2枚、3枚、4枚、5枚、6枚・・・・9枚・・・1枚足んねぇ・・・』


って声が聞こえてきそうです(´Д`;≡;´Д`)アワアワ


於菊大明神として十二所神社内に祀られているそうです。


日本人が日本人を合法で切り殺して良い時代だったというのを、今考えると凄い話です。



Dsc06080s

菱の門近くで観光案内をしているおじさんが撮ってくれました(*^-^)

なかなか他人に撮ってもらわないと、こういう写真は撮れませんね。



Dsc_0426s


菱の門を抜けて、西の丸にやってきました。


途中、西の丸南門跡や兵舎として使用されていた武者溜まり跡などがあります。



Dsc_0430s


西の丸には『百間廊下』があります。


西の丸は、姫路城主の本多忠政が、大阪夏の陣の後で将軍徳川秀忠の長女だった千姫をめとった息子の忠刻の為に御殿を建てた場所だそうです。

御殿は中書丸と呼ぶそうです。


それを取り囲む様な形で立てられた長屋が通称百間廊下です。



ワの櫓、レの櫓、タの櫓、ヨの櫓、カの櫓、化粧櫓と続きます。


レの渡櫓は、廊下が無く、倉庫として使用されていたようです。


タの渡櫓は、潜り付き扉があって、そこから北側は廊下が付きます。


ヨとカの渡櫓は、各部屋に納戸が付属して天井が張られるなど、人が住むことを想定した造りになっています。


Dsc_0431s


中には千姫にまつわる資料や、姫路城の歴史・・・

全部は無理なんで、一部だけご紹介します。


Dsc_0450s

姫路城の特徴など、ゆっくり読めば面白そうな資料がありました。

子供連れだと、どうもね・・・

Dsc_0451s


こういう歴史の中から、現代の建築方法や施工方法が発展してきたんですよね。

歴史の中には沢山の知恵とヒントが隠されているんでしょうね。

Dsc_0446s


ワの櫓から化粧廊下まで240mあるそうです。

羽田空港みたいに、人を運ぶコンベアを設置すれば移動が楽だったんでしょうが・・・

手動の(*^m^)

途中、お城と同じように石落としもありました。


Dsc_0460s


窓から外を見ると・・・



Dsc_0455s


広い西の丸です。

本多忠刻の御殿がここにあったんでしょうね。

Dsc_0457s


奥女中とは、御殿の奥向きで城主やその家族の世話をする仕事に携わった女性達をいいます。

宮中や大奥では御殿の奥に隣接して長局(ながつぼね)が設けられて、廊下に面して8畳ほどの部屋がいくつも連ねられてそこで背且つしていたという事です。

千姫の奥女中は、西の丸の長局で生活していて、女中が23人、下働きの下女が16人いたそうです。

ちなみに娘の勝姫には女中が3人付いていたそうです。

Dsc_0462s


化粧櫓です。

18畳、15畳、窓辺に6畳の3室をとって、天井には杉柾張り、壁面は全て黒い木枠に紙を張ったものをはめ、隅々まで技巧を凝らした住宅様式となっているそうです。

Dsc_0461s


化粧櫓は、千姫が忠刻に嫁いだ際に、将軍から贈られた10万石の化粧料の一部を使用して建設されたといわれる櫓だということです。




Dsc_0464s

西の丸を出た時は2時を過ぎていました。

もう将くんもりょーまくんも空腹の限界だったに違いありません。

朝とは全く違う風景でした。

Dsc_0465s

よく考えると・・・

雨の情緒ある姫路城を見られたのはラッキーだったのかもしれません。

雨、雨上がり、そして晴れと、3つのパターンを一日で見られたのは、ある意味普段の行いが良いからかもしれませんねヽ(*≧ε≦*)φ

Dsc_0471s

道路を挟んで向かいのお土産屋さんの食堂で、遅いお昼を食べる事になりました。


Dsc_0466s

俺と将くんは官兵衛うどん。

嫁さんとりょーまくんはにゅうめん。

なぜ、これくらいしか注文しなかったって?


高いからだよ!!(;´д`)トホホ…


さすが観光地って感じです。


そして都会。


俺なら2口でいけそうなにゅう麺が800円超え。


Dsc_0467s


不味いわけではないので、美味しく頂きましたよ(*^-^)

まぁ、2時ですからね・・・

空腹度もMAXです。

Dsc_0473s

ムムッ!!

見つけてしまいましたぞぉ~|ω・)

Dsc_0470s

( ゚д゚)ホスィ…

コレです。

Dsc_0468s

嫁さんとりょーまくんは濃厚バニラ。

俺は桜味にしました。

ホント桜の香りがしましたよ。

桜餅の香りと同じです。

Dsc_0469s


将くんも、人生初のソフトクリームでした(o^-^o)

Dsc_0474s

お腹も満たして、駐車場へ。

Dsc_0472s


次も4人で来れるといいなぁ。

また違った姫路城が楽しめる事でしょう。

何年後になるかは別にして・・・



姫路から山陽自動車道に乗り、瀬戸大橋経由で一旦大野原で降りて。

食料品の買い物と晩御飯を家に帰ってからするのがしんどいので、済ませて帰る事にしました。

マルナカで買い物を済ませて、川之江の寿司ろうでご飯。



Dsc_0476s

将くんはとっても機嫌良く人生初のお寿司を食べていました。

もちろん1歳にもなってませんでしたので、生物は避けました。

りょーまくんは・・・・

椅子の上に上がったり、後ろの席を覗いてみたり、寝転がってみたり・・・と。


終始落ち着きが無い状態でした(-゛-メ)


まぁ、食べれるものが少ないのと、少し疲れが出たせいでしょうね。


以上、3月の神戸方面ミニ旅行でした´ω`)ノ


ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

3月21日 姫路城へ

みなさん、こんにちは。

少し早いと思うかもしれませんが。

よさこいチームり組の踊り子申し込みが始まりました。

既に5名の踊り子さんの参加申し込みがありました。

数あるチームの中からり組を選んで頂いた踊り子さんの為にも、精一杯楽しんでもらえるように頑張らねば(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ
そう思っている今日この頃・・・



さておき。

3月21日は姫路城に行っていました。

前回来た時は高校生くらいでしたかなぁ・・・

その次は嫁さんと結婚する1年前、2010年のお正月に来ました。

その時は淡路島経由で、単に寄り道しただけだったと思います。

夜ご飯で焼肉屋さんに行って、SAで車中泊したような・・・

その時はちょうど姫路城が改修中で、夜遠くから見ただけでした。

Dsc_0343s

朝、ホテルでダラダラする長男┐(´д`)┌

Dsc_0344s

そしてキングサイズのベットで堂々と眠る弟・・・(○゚ε゚○)

Dsc_0345s

この頃が一番幸せなのかもしれません・・・




Dsc_0346s

神崎市から真っすぐ南下して、雨の中姫路城に到着しました。

Dsc_0348s

生憎の雨にも関わらず、そして普段の日にも関わらず。

結構人がいましたw(゚o゚)w

Dsc_0349s


それにしても、雨は辛いなぁ・・・

俺がりょーまくんの手を引き、嫁さんが将くんをおんぶ紐で抱っこ。

Dsc_0350s

近くに動物園もあるんですね。

25年前はあったかなぁ・・・?


Dsc_0351s

観光客の中でもひと際多かったのが、外国人観光客。

さすが世界文化遺産ってとこでしょうか。

Dsc_0352s

大人入館料が1000円。

りょーまくんと将くんは無料ですが、さすが、結構イイ値段です。

Dsc_0354s

白亜の要塞と言われる姫路城。




Dsc_0353s


入城口を抜けて、菱の門東方石垣の前を通り、菱の門をくぐります。


安土桃山様式の城門には、名前の由来となっている、木製の花菱が飾られています。


Dsc_0356s


三国堀を右手に見ながら、いの門、ろの門、はの門、にの門・・・っと抜けていきます。

三国堀は、二の丸に繋がるいの門と、るの門の要所を押さえる重要な位置にあります。


Dsc_0359s


通路の途中では、十字紋瓦や油壁を見ることが出来ます。


にの門の破風上に残る十字紋瓦は、キリシタンだった黒田官兵衛にゆかりがあると言われているそうです。

油壁は、秀吉時代のもので、1ヵ所だけ残る築地壁ということ。


Dsc_0361s


途中、嫁さんが将くんの重さっぷりで肩が痛いという事で、俺と交代しました。

Dsc_0362s


乾小天守、西小天守、そして大天守が見えます。

Dsc_0364s


これが姥ケ石。

石垣の情報に間詰め石として、欠けた石臼が積まれている事でそう呼ばれます。

秀吉が姫路城を築く時に、石垣の石集めに苦労していました。

城下で持ちを焼いて売っていた御婆さんが、その話を聞いて石臼を寄付して、それを石垣に使ったという噂が全国に流れ。

沢山の石臼の寄付で築城工事が急速に早まった・・・っという伝説らしいです。


他にも、お婆さんは妊娠しない、孕まない・・・っという意味にかけて、石垣も孕まないようにというお呪いで積んだ・・・とも言われているそうです。


Dsc_0365s

天守閣の入り口では傘と靴をビニールに収めて入って行きます。

やはり文化遺産なので、厳重に管理しているんでしょうかね。

この模型は、『姫路侍屋敷図』を参考に、総構全体を復元的に制作したもの。

植生や現存しない構造物は、全て創造によるものという事。

ちなみに、総構とは、外堀と土塁が城郭全体を囲んでいる事です。

総構の内側では、身分によって住む場所が違うとのこと。



Dsc_0367s


途中、外の景色も見ながら、5階まで登っていきます。

Dsc_0368s

前回の改修は昭和39年。

50年に一回改修を行うんですね。

次の改修が終わる頃は、俺は多分生きていないでしょうね。

Dsc_0369s


昭和に行った大修理は、350年に1度だそうですΣ( ̄ロ ̄lll)

Dsc_0397s

まずは一階。

一階には石落とし、筋交、六葉釘隠しなどがあります。

Dsc_0396s

石落としです。

一階には三か所あって、石を落とすことよりも、主に石垣にとりつく敵を監視したり、射撃するのに使われたそうです。

Dsc_0398s

これは筋交ですね。

地震や進撃の巨人が歩いた時に起こる横揺れで建物が崩れるのを防ぎます。


Dsc_0400s


厠。

まぁ、便所ですよね。

ウォッシュレットは付いて無いようです( ̄Д ̄;;


Dsc_0401s

流し。

まぁ、キッチンですね。

木製なのに水がしみ込んでいかないんでしょうか。

Dsc_0393s

六葉釘隠しです。

釘の頭を隠す飾りですね。

隙間がハートマークになってます(^-^;

Dsc_0394s

これは違うタイプですね。

嫁さんと、乳首みたいだと言って笑ってました(゚▽゚*)

バカ夫婦でスイマセン・・・


Dsc_0372s


2階に来ました。


2階は破風の間と武具掛け。


破風の間とは、天守入口に架かる入母屋破風の屋根裏の空間です。


Dsc_0370s

武具が掛けられていた壁と長い廊下を歩いて、上を目指します。

Dsc_0392s

お城の中にもたくさんの人がいたんでしょうね~。

武具も沢山必要な訳です。

でも、いざ戦いだって時に、こんなに縦に並んでたら混雑しそうですよね。


しかも自分専用とかあったら・・・


『おい!それ俺のやって!!』


『ええやん!緊急時なんやから!!』


『アホか!お前の防具臭いねん!!』


・・・とかのやり取りもあったんでしょうか(;;;´Д`)



Dsc_0371s


まだ2階ですけど、天守閣なんで、既に高いんですけどね~。




Dsc_0373s

真上に上がるような階段∑(=゚ω゚=;)

もはや梯子ですな。

Dsc_0376s

3階に上がってきました。

西大柱や東大柱、武者隠し、内室といった場所があります。

Dsc_0375s

東西の大柱は、姫路城の大天守を支える2本の大柱です。

柱なので、1階から5階で見ることが出来ます。

その内、東大柱は大天守の5階まで一本柱で通されています。

築城から約50年で根元が腐り始めて、昭和の大修理の際に腐った部分を削って根継をしたそうです。


ちなみに西大柱は、当初から二本継だったそうです。

長さは24.8m、直径0.95m・・・て、デカッ!!w(゚o゚)w

根元が腐っていたので、東大柱と同じで補修されたそうです。

Dsc_0377s

内室(うちむろ)です。

籠城の際の食料などを備蓄する倉庫みたいなところ。

中は見れません。

Dsc_0390s

武者隠しです。

中は狭いので、大人は入れないそうなんですが。

それなら武者を隠せないじゃん・・・って思うんですが。



Dsc_0378s

四階に上がってきました。

四階には石打棚や高窓があります。

Dsc_0379s

籠城戦の時に鉄砲で射撃すると、室内に硝煙が充満するので、それを排気するための高窓です。

現代でいう排煙窓とか排煙口ですね。

鎖を引くと窓が開くんでしょうか(゚m゚*)

Dsc_0380s

梯子の様な階段を上って、どんどん上に行きます。


Dsc_0381s

五階です。

主に西大柱、東大柱だけですね。

Dsc_0382s

そして最後の階段を上って、天守閣です。

Dsc_0383s

天守閣に到着。

昔のお殿様も、こうして城下を見ていたんでしょうか。



Dsc_0384s

雨だった空も、雲が散って晴れ間が顔を覗かせていました。

普段の行いが良いのか悪いのか・・・



Dsc_0386s

お城って、石垣の上のさらに建物の上なんで、山の上にいるくらい高いんですよね。

高知城と比べてどうなんでしょう・・・

こんなに高い感覚はありませんでしたが。



人が多いので、狭い天守閣にどんどんと人が押し寄せてきます。



Dsc_0391s


景色を堪能したら、今度は降りねばなりません。

また、梯子の様な階段を降りて行きます。

りょーまくんは平気でしたね(o^-^o)

まぁ、滝を見に行くのに崖を登ったり降りたりしてますんで・・・




Dsc_0388s

窓の前に通路の様に棚が付いています。

窓は外の監視や射撃をする為なんですが、窓の位置が予想よりも高くなって、届かないんで付けたそうです。

人が並んだら、真ん中にいる人は飛び降りるしかなさそうですね・・・

鎧を着て飛び降りたら床が抜けぬんじゃないでしょうかね(;´Д`A ```



Dsc_0402s

石の階段です

築城当時のままの階段ですので、お殿様や家来のお侍さんが沢山歩いた事でしょう。



Dsc_0403s

う~む、そう考えると感慨深いものがありますね。


Dsc_0405s

来た時とは打って変わって良いお天気o(*^▽^*)o


雨が降っていたのが嘘の様です。


続きは後半戦で・・・・



ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

ネスタイルミナのCM

みなさん、こんにちは。

先日の春の嵐で桜もあっという間に散ってしまいましたね~。

今年は運良く見ることが出来ました。

来年は子供たちが、団子より花になって欲しいと思います。

ゆっくり桜見ながらお弁当食べたいなぁ・・・



さて。

先日のネスタリゾート神戸のお話ですが。

関西、四国、中国エリアでは、この様なCMが流れていますが、その他の地域はどうなんでしょう?






初めて見たとき、オチが凄く面白かったです。

なので、ここに行こうと思ったんです。

先日のブログにも記載しましたが。

ここに来るのはもう一つ目的があったんです。




これをやりたかったんです。


Dsc_0291


仕事、よさこいばかりで・・・



Dsc_0323



いつもは殆ど会話の無い息子とも・・・
Dsc_0299s



今日は一緒に笑えたなぁ~・・・




Dsc_0329s



また・・・来ような・・・・




Dsc_03161

光のファンタジー!!

ネスタイルミナ~!!



・・・・・・



これをやりたいが為に、ここまで行ってましたヽ(*≧ε≦*)φ



動画企画、編集するにあたって、凄く勉強になりました(笑)
写真が上手に撮れなかったのが心残りではあるんですが。

実はイルミナフォトスポットなるものがありまして。

各所にカメラが設置されていて、手持ちのスマホやデジカメでは撮影出来ないアングルから撮影出来るんです。

園内で販売されているネスタイルミナフォトキー(USB)を挿して記念撮影出来ます。

チケットブース、カフェタラサで1000円で買えます。

今思えば、1000円なら買えば良かった・・・と思います(^-^;

他に子供用のサンシャインジムという遊具施設や、スパ「延羽の湯」。

四季折々のお花畑、全部屋に温泉を完備したラグジュアリーホテル。

戸建てタイプの高級宿泊施設ヴィラなど。

グランピング&BBQやスポーツが楽しめますので、是非行ってみてください。


ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

3月20日 神戸ネスタリゾート

みなさん、こんにちは。

4月10日真夏日を記録した高知は26.9℃だったそうです。

全国ニュースにも出ていました。

後日書くと思いますが、この日は公園で大暴れのりょーまくんでした。

そして次の日が雨で、いきなり12℃ダウン。

丈夫な人でも体調が悪くなりそうですね・・・




さておき。

明石から再び北へ。

次の日から雨の予報になっていたんで、少し心配していたんですが。

何とか深夜までもってくれ・・・!!


・・・そう思っていました。

Dsc_0281s


4時過ぎくらいにネスタリゾートに到着。

ゲートで入場料を支払い、広大な敷地に入りました。

中にはリゾートホテルや、キャンプ場、コテージなどがあります。

今流行の高級キャンプ、『グランピング』が出来る施設です。

Dsc_0282s

敷地内は施設間が移動できるように、イルミネーションでキラキラと光るバスが回遊しています。

まぁ、その名の通りリゾートな気分を味わえる場所。

俺の様な庶民には無縁な話なんですが・・・

以前から高知でもコマーシャルをやっていて、イルミネーションが綺麗なんで行ってみたいと思っていたんです。

あと、ここに来たのは、もう一つある目的があったんですが、それは後日お話しします。

Dsc_0283s


イルミネーションもその一部で、山の一部を切り開いて、その広大な施設があります。

Dsc_0284s


退職したらゆっくりと過ごしたい場所ですね。

それまでにロト6を当てようo(*^▽^*)o

Dsc_0285s


営業時間は16時から22時までなんですが。

17時までに入場すると、通常の2000円が1200円になるという事で、17時までにチケットを購入。

多分、明るい時間の集客率を上げたいのでしょうね。

まぁ、イルミネーションですから、明るいと興ざめしますよね。

ちなみに小学生未満は無料ですので、りょーまくんと将くんはタダです。

Dsc_0286s


夏はプールもあるんですね~。

日帰りなら我が家でも来られそうです(o^-^o)

Dsc_0287s

光のさんぽみちと言われている、このイルミネーションエリアは、4つに分かれています。

Dsc_0288s


まずはフローラルアーケード。

イルミネーションとプロジェクションマッピングのコラボですね。

Dsc_0291s

りょーまくんもテンションMAX。

まるで海の中にいるみたいです。

Dsc_0292s

プロジェクションマッピングは、海の中の様子や、時折国旗を掲げた戦闘機がエアショーで頭上を飛んだりします。

Dsc_0293s

もう、帽子が下に下がって前が見えてないんじゃない??

(;´Д`A ```

Dsc_0294s

フローラルゲートを抜けると、お次はマーメイドパラダイス。

まだ明るいので、殆ど見えません(;´▽`A``

帰りに寄るとしましょ。

Dsc_0295s

ちなみに、CMの最後の落ちで使われているのが、このお城です。

Dsc_0296s

お次はアンダーウォーターワールド。

海の底をイメージしたプロジェクションマッピングの中を通って、映像室に入ります。


中に入ると、ある一定人数に達したら扉が閉まり、イベントが始まります。


海の底で繰り広げられる様子なんですが、りょーまくんは終始爆音に半べそかいて抱きついていました( ^ω^ )


将くんは、嫁さんの傍でベビーカーに乗って、ジーーーーっと天井のスクリーンを見ていました。

Dsc_0297s

映像が終了して抜けると最後のエリア、ファンタジーラグーンです。

さすがにまだ明るいですね(;´Д`A ```

Dsc_0299s

ウォーターショーが開始されるのは定期的で、一番早い時間で18時20分。

まだ1時間以上もあったんで、ゆっくりブラブラとする事にしました。

Dsc_0300s

このエリアで行き止まりなんですが、カフェや出店、お土産を売っている売店があるので、時間はつぶせます。

寒い時はカフェテラスにストーブが置いてあって、冬でも安心です。

Dsc_0301s

この一面のLEDは、明るい時間は点灯していません。

Dsc_0303s

18時を過ぎてナイトモードになると色んな照明が点灯します。

Dsc_0304s

入場チケットに付いていた500円チケットでたこ焼きを買いました。

味は、まぁ、普通(゚ー゚)

Dsc_0305s

18時20分からウォーターショーが開始しました。

展望台からは少し離れた場所で見ていました。

Dsc_0308s

その日一番最初の上演だったので、少し明るかったんですが、十分楽しめました。

Dsc_0309s

シーンに合わせてLEDの色も変化します。

明るい内にウロウロしていた時に、点いてないLEDがあって、切れてんのかな・・・って思っていたら、そういう事だったんですね。

Dsc_0310s

上演が終了して、帰りに残りの500円チケットでポップコーンを買いました。

紙コップからビニール袋に溢れる程盛ってくれました(o^-^o)

子供が一緒だったからでしょうか。

Dsc_0311s

帰りはアンダーウォーターワールドの裏にある通路を通って引き返します。

通路には星座を模ったイルミネーションがあります。

これは俺の星座、しし座。

Dsc_0313s

そこを抜けるとマーメードパラダイス。

来た時は明るかったんですが、すっかり暗くなって、それらしくなっていました。

Dsc_0319s

お城や海賊船が音に合わせて鮮やかに演出されています。

Dsc_0320s

やはり明るい内は殺風景なんですね。

ライトアップすると全然違う空間に思えます。

Dsc_0321s

再びフローラルアーケードを通って引き返していきます。

Dsc_0323s

さすがに次の日が平日という事もあってか、午後7時なのにすれ違うお客さんは少なかったです。

Dsc_0328s

将くんがオシッコしたのか、ちょっぴり愚図り始めました(;´Д`A ```

Dsc_0329s

相変わらず俺とはちゃんと写真を撮ってくれないんです(´Д⊂グスン

Dsc_0330s

プールの方もライトアップされるんですね~。

夏は夜も泳げるのかな・・・







車に戻ってきて、ネスタリゾートを後にしました。

当初はイルミネーションなんで、暗くなってからの入場を想定していました。

ところが、早入り割引に引かれて5時に入場したので、予想していたよりも時間が早くて駐車場に帰って来たのは午後7時過ぎ。

なので、時間に余裕が出来たんで、予め子供OKホテルを探して出発。

姫路市の北の福崎市に向かいました。

途中、イオンで夕食を買ってホテルに到着。

Dsc_0332s

勿論ホテルも快く迎えてくれました。

但し、ファミリープランになるので、宿泊料金プラスとなりますが。

部屋選択の時にも、キングサイズのベットがある部屋を教えてくれたりと、親切にしてくれました。

Dsc_0334s

広い部屋なので、案の定走り回るりょーまくん┐( ̄ヘ ̄)┌

Dsc_0335s

お風呂入る前だったんですが、何だか面白い画なので撮ってしまいました( ´艸`)プププ

Dsc_0337s

将くんのお風呂。

こんなマットで洗われるのを、この子は想像出来ないでしょう(*≧m≦*)

Dsc_0339s

りょーまくんはブクブクをやると大泣きするんですが、将くんは平気。

終始ニコニコしていました( ^ω^ )

Dsc_0342s

晩ご飯はイオンで買った質素なものでしたが、美味しく頂きましたヽ(´▽`)/

夜から降り出した雨は、部屋の中にまで音が聞こえるくらい激しい雨になっていました。

明日の姫路城はどうなるんだろう・・・でした。

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

3月20日 神戸ワイナリーへ

みなさん、こんにちは。

桜が満開です。

週末の雨で、散ってしまうんでしょうね~。





さて、そんな桜が咲いてもいなかった3月半ば。

神戸に行っていました。

出発したのは19日の土佐山樽の滝から帰って来た晩です。

Dsc_0244s

家で晩御飯を食べて、21時に出発。

徳島道を通り、淡路SAに着いた頃には23時半を過ぎていました。

Dsc_0245s


トイレついでに久々に来た淡路SAの中をりょーまくんとお散歩。

Dsc_0246s


滝から帰ってきて2時間くらい寝たからでしょうか、夜遅いのに元気です(o^-^o)

Dsc_0247s


恋人達の岬にはイルミネーションがありました。

さすがに4歳の息子とロマンチックな雰囲気にはなりません(=´Д`=)ゞ

Dsc_0248s


また、ここはトンビがよく悪戯をするので注意が必要です。

後方の上空から手に持っている食べ物を狙うらしく。

彼らは目がいいですからね。

油揚げなんか持ってたら大変でしょうね・・・

以前に隠岐の島に行った時は、携帯電話を盗られてましたので、油断はできませんね。



0時頃に再出発して、須磨に着いたのが12時半。

そこからが長かったです。゜゜(´□`。)°゜。

いつもの通り、大人専用ホテルでお泊りしようとしたんですが。

西日本のホテルの様に、車庫から直接部屋に行けるペンションタイプだと思っていたんですが。

なので、車を停めてガレージから階段を上がって部屋に入り、朝出る時に部屋の自動精算機で支払って終わり・・・

なので、子供連れでもOKなんですね。

都会は高価で狭い土地で営業しているせいか、3階建て以上のビルが多いんです。

なので、当然そんな造りではなくて、普通のビジネスホテルの様にフロントを通って、各部屋に行くシステム。

昔は高知も同じで、駐車場に車を停めて、フロントに入ってロビーで部屋を選んでボタンを押すと、一定時間選んだ部屋の鍵が開錠されるので、その間に部屋に入る・・・




んで、オートロックが働き、朝フロントに連絡して開錠してもらうまで、出られない・・・

っというシステムだったんですが、それって古いホテルだけだと勘違いしていました。

しかも宿泊の場合はフロントで先払い。

エアシューターでの支払いとかもありましたが。




なので、殆どが子供NGホテルばかり( ̄◆ ̄;)

スマホの検索サイトで探すも、灘周辺から芦屋の辺りまで探したんですが、全く見つからず・・・

そもそも満室ばかり・・・

結局、明石市まで戻り、そこのホテルに着いたのが3時(;´д`)トホホ…

りょーまくんも寝ずに頑張っていました。

ゴメンネ~(;д;)

そこでもフロントで、ホントは子供NGなんですけどね~・・・って言われたんですが。

さすがに3時を過ぎていたので。

暴れたり騒いだりしないようにしてくださいね・・・って言われて、OKにしてくれました。



う~ん、子供より主に利用する大人の方がうるさいと思うんだけど・・・( ´艸`)プププ

・・・カラオケとかあるしっていう意味ですよψ(`∇´)ψ


Dsc_0249s


んで、昭和の匂いがする部屋・・・ヾ(;´Д`A




明けて20日。

まずは入り損ねたお風呂に入って、朝ごはんを食べて11時に出発。

Dsc_0250s


垂水から真っ直ぐ北に行った所に神戸ワイナリーがあります。

連休でもあるし、12時前だけに車はいっぱい。

Dsc_0251s


将くんが眠っていたんで、嫁さんと車でお留守番。

Dsc_0252s


りょーまくんと2人で内部を散策。

Dsc_0253s


あれ、神戸牛ですかね・・・

Dsc_0254s


広場ではフリーマーケットが開かれていて、食べ物や衣料品が販売されていました。

広場への入場料は大人400円。

カレーのいい匂いがたまりませんなぁ・・・(゚ー゚;

Dsc_0255s


ワイン工場の一部で、地下の貯蔵所があります。

Dsc_0256s


ワインのオーク樽が沢山積まれていました。

そして、やっぱりヒンヤリと気持ちいい。

Dsc_0260s


元々ワインが好きだったので、18歳頃からちょこちょこ勉強していました。

Dsc_0263s


常識的な事は知っているんですが、細かい内容は勉強になります。

Dsc_0266s


りょーまくんはその間、貯蔵所の中を走り回っていました。

何故か消火栓とかに興味深々・・・

Dsc_0269s


ワイナリーの敷地は広くて、子供が遊べるアトラクションもあります。

ボートに乗って走るプールや、パターゴルフなど。

もう少し大きくなれば一緒に楽しめるかもしれませんね。

Dsc_0270s


りょーまくんが今興味あるものは、そんなものではありません。

Dsc_0271s


広大なワイン畑を走り回ったり。

Dsc_0272s


サボテンの温室を覗いたり・・・

Dsc_0273s


自然の中を散策する事の様です(o^-^o)

Dsc_0274s


散々歩いた後で、綺麗な枝垂桜がある場所を発見。

Dsc_0275s


そこでお茶を飲みながら休憩しました。

この日は20℃くらいまで気温が上がって、昼間は少し汗をかくくらい暑く感じました。

Dsc_0276s


その間にも来場者はどんどん増え続けて、第二、第三駐車場が解放されていました。

車に戻ってみると、将くんがお寝覚めで、お昼を食べる為に出発する事に。

結局、ワイナリーでは160円のウーロン茶を買って飲んだくらいでした・・・





お昼を食べる為に、舞子公園に向かいました。

舞子公園は明石大橋の下で、ワイナリーから真南の垂水にあります。

途中、スーパーを探すも、全く見つけられず・・・

高知ならスーパーくらいすぐにあるんですが、さすが神戸は田舎とは違います。

途中スーパーを見つけても、道路の一段上にあったりして・・・

どうやって行くの~!?

なんて言いながら、ついに舞子公園にたどり着くも、どこもかしこも車と人でいっぱいw(゚o゚)w

結局はスマホの検索サイトで業務スーパーを探して、お弁当を購入。


Dsc_0277s

そこの駐車場で食べる事になりました。

りょーまくんは海老フライとハンバーグのお弁当を食べて・・・

Dsc_0280s


更に大盛りカレーを食べてました。

少し辛かったせいか、ご機嫌ナナメ・・・(@Д@;

Dsc_0279s


将くんもモリモリ食べて。

よく食う兄弟だこと・・・( ̄Д ̄;;

少し眠くなったんですが、ここは踏ん張りどころ。

今度は神戸ワイナリーの更に北にある三木市のネスタリゾートに向かいました。


ホント、今思えば、行ったり来たりと無計画で無駄な動きでした(*^m^)

ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

3月19日 土佐山 樽の滝

みなさん、こんにちは。


高知は桜がやっと咲きました。


いつも全国一番だったんですが、今年は遅かったです。



いつ咲くのかなぁって思っていたら、4月に入って一気に気温が上がって咲きました。



んで、今週半ばからずっと雨・・・(p_q*)


高知市に住んでいる人の普段の行いが悪いんでしょうか。


週末の花見はないでしょうね・・・


高知の見ごろは卒業式のシーズンなんですが。


今年は入学式シーズンになってしまいました


まぁ、世の中のイメージとしては、その辺りが満開なんでしょうかね~。





さておき。


3月19日は土佐山の樽の滝に行ってました。


Dsc_0226s


鏡川を上って、更に滝の方へ細い山道を登っていくと、駐車場があって、こんな大きな建物が建っていますw(゚o゚)w


少し前に一人で来ていた年配の女性が声を掛けてきて。


『昔、この建物は有名な料亭だった・・・』


と聞きました。


ん~。



知らん(;;;´Д`)ゝ



Dsc_0234s


登り口から見ると、遠くに滝が見えました。




『あんなに上まで登るの?』っと言われ。



『ああ、大丈夫ですよ!』



りょーまくんはね(o^-^o)



つーか、こんな山奥まで来てちっちゃい滝を遠くから見てどうする・・・



Dsc_0227s


そんな話をしている間に、りょーまくんはさっさと走り去っていて、女性の話に付き合う暇もなく、引っ張られるように追っかけて行きました( ^ω^ )


Dsc_0228s


この辺りは保安林になっていて、大雨の災害から我々を守ってくれています。


Dsc_0229s


ここは山道ですが、遊歩道的な整備がされています。


年配の方でもちゃんと歩けます。




Dsc_0230s


途中、りょーまくんが走って、右の1mくらいの崖下に滑り落ちましたが(lll゚Д゚)


まぁ、1mくらいなんで手を繋ぐ事もしてなかったんで・・・


少し歩くと、すぐに橋が見えます。


Dsc_0231s


ちょっとだけ急な坂道を登っていくと、龍神宮のお宮があります。


三神が祭られているこの神社は、雨と良縁の恵みをもたらすという事です。


また、上の淵には蛇が住み着いているという言い伝えがあって、今でも入水しないほうが良いという事です。


まぁ、滝に蛇の伝説はつきものなんですが。


水辺だから、いますよねぇ・・・


Dsc_0232s


今回は少し冒険をして、岩場を降りて行きました。


下から滝をしばし眺めながら、お茶を飲んで休憩。


Dsc_0233s


滝が凍り付くのは見てみたいですが。


そもそも滝が凍り付くシーズンにここまで車で来られますかねぇ・・・(;´▽`A``


Dsc_0235s


滝から帰ってきて、宿泊施設?跡の周辺をウロウロと散策して、車に帰ってお昼ご飯。


ポカポカと温かい気候に、少々眠くなってきました。


Dsc_0236s

帰りに鏡ダムの放水を見てきました。

Dsc_0241s

もうすぐすると桜で満開になるんでしょうね~ヽ(´▽`)/

Dsc_0237s

鏡ダムなんて見に来たの、もう何十年ぶりです。

子供の時に来て以来です。

子供が出来たから来ました( ^ω^ )

Dsc_0238s

桜は咲いていませんでしたが、菜の花が満開でした。

菜の花畑をりょーまくんが何往復も走っていました。

Dsc_0239s

沢山ある桜の木も、ほとんど咲いていません。

唯一満開だったのは木蘭の花でした。

Dsc_0242s

例年なら咲いているんですけどね~。

そして既にお花見も出来る時期です。

今か今かと、ボンボリが待ち遠しく揺れていました。

Dsc_0243s

花壇の春の花は沢山咲いていましたよ~(≧∇≦)

この日の夜から神戸出発です(*^ー゚)ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

3月12日 山姥の滝

みなさん、こんにちは。

先日、物置にあるワインラックを見たら・・・

まだボジョレーが沢山あるではありませんか!!


忘れてた∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


つー訳で。


Resize1197

ロゼボジョレーを飲みました。

ん~。

正直ロゼのボジョレーは初めてなんです。

割と甘いのかな・・・なんて思っていたんですが、新酒で甘い訳がない・・・

香りも申し分ないんですが。

これだったら白と変わんねぇや・・・

今年は買わないでしょう。




本題に入ります。

Dsc_0218s


今回は山姥の滝に行ってました。

何度か来た土佐山の桑名地区です。

前に防災のヘリポート付近を散策した記事を2回程アップしましたが。

そこから山を登って行った所に狭い駐車場があって、そこから滝まで行きます。

駐車場から滝までは、わずか150mくらいです。

Dsc_0220s


直ぐに滝に到着しました(;´▽`A``

Dsc_0221s


滝壺も殆どなくて、水量も少なめで・・・

ちょっとテンションダウン。

Dsc_0223s

先日の大荒れの滝に比べれば、冒険要素はありません。

駐車場からすぐに行きついてしまいますから。

大人だったら岩を登ったり、崖を登るともう少し新しい発見が出来るかもしれませんが。


りょーまくんが油断したのか、俺が油断したのか。

水溜りに走って行って、片方の靴を濡らしてしまいました(。>0<。)

・・・・・

Dsc_0224s


水がすごくキレイなんで、思わず触ってみたくなるんですよね~。

Dsc_0225s


滝つぼが無くて、雨が降っても水量がそんなに増えないという事は、源流に近いんでしょうか。


まだまだ滝巡りは続くのでしたヽ(´▽`)/

















ポチッとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »