« 3月21日 姫路城へ | トップページ | 4月2日 須崎 樽の滝へ »

2017年4月30日 (日)

3月21日 姫路城 後半戦

みなさん、こんにちは。

あっという間に4月も終わり。

新成人の皆さんは、この連休でちょっと一休みですか?

学生気分がリバウンドしないように(笑)




さてさて。

Dsc_0406s

南の本丸に降りてきました。

Dsc_0409s


景色も良かったんで、街並みを撮影していたら、どこか遠くの方で聞いた事のある声が・・・


Dsc_0407s

愚図る声と叱る声・・・

あぁ、ウチの家族ね(;´▽`A``


Dsc_0410s

将くんと俺は気分よくお城をバックに写真撮影。

Dsc_0414s

それに対して愚図るりょーまくん。

既に1時を過ぎていたんで、お腹すいたんでしょうかね。



早々に菱の門側に戻りました。

Dsc_0417s

途中、お菊井戸がありました。

Dsc_0416s


播州皿屋敷の怪談で知られるお菊井戸です。


Dsc_0418s



今でも・・・

『1枚、2枚、3枚、4枚、5枚、6枚・・・・9枚・・・1枚足んねぇ・・・』


って声が聞こえてきそうです(´Д`;≡;´Д`)アワアワ


於菊大明神として十二所神社内に祀られているそうです。


日本人が日本人を合法で切り殺して良い時代だったというのを、今考えると凄い話です。



Dsc06080s

菱の門近くで観光案内をしているおじさんが撮ってくれました(*^-^)

なかなか他人に撮ってもらわないと、こういう写真は撮れませんね。



Dsc_0426s


菱の門を抜けて、西の丸にやってきました。


途中、西の丸南門跡や兵舎として使用されていた武者溜まり跡などがあります。



Dsc_0430s


西の丸には『百間廊下』があります。


西の丸は、姫路城主の本多忠政が、大阪夏の陣の後で将軍徳川秀忠の長女だった千姫をめとった息子の忠刻の為に御殿を建てた場所だそうです。

御殿は中書丸と呼ぶそうです。


それを取り囲む様な形で立てられた長屋が通称百間廊下です。



ワの櫓、レの櫓、タの櫓、ヨの櫓、カの櫓、化粧櫓と続きます。


レの渡櫓は、廊下が無く、倉庫として使用されていたようです。


タの渡櫓は、潜り付き扉があって、そこから北側は廊下が付きます。


ヨとカの渡櫓は、各部屋に納戸が付属して天井が張られるなど、人が住むことを想定した造りになっています。


Dsc_0431s


中には千姫にまつわる資料や、姫路城の歴史・・・

全部は無理なんで、一部だけご紹介します。


Dsc_0450s

姫路城の特徴など、ゆっくり読めば面白そうな資料がありました。

子供連れだと、どうもね・・・

Dsc_0451s


こういう歴史の中から、現代の建築方法や施工方法が発展してきたんですよね。

歴史の中には沢山の知恵とヒントが隠されているんでしょうね。

Dsc_0446s


ワの櫓から化粧廊下まで240mあるそうです。

羽田空港みたいに、人を運ぶコンベアを設置すれば移動が楽だったんでしょうが・・・

手動の(*^m^)

途中、お城と同じように石落としもありました。


Dsc_0460s


窓から外を見ると・・・



Dsc_0455s


広い西の丸です。

本多忠刻の御殿がここにあったんでしょうね。

Dsc_0457s


奥女中とは、御殿の奥向きで城主やその家族の世話をする仕事に携わった女性達をいいます。

宮中や大奥では御殿の奥に隣接して長局(ながつぼね)が設けられて、廊下に面して8畳ほどの部屋がいくつも連ねられてそこで背且つしていたという事です。

千姫の奥女中は、西の丸の長局で生活していて、女中が23人、下働きの下女が16人いたそうです。

ちなみに娘の勝姫には女中が3人付いていたそうです。

Dsc_0462s


化粧櫓です。

18畳、15畳、窓辺に6畳の3室をとって、天井には杉柾張り、壁面は全て黒い木枠に紙を張ったものをはめ、隅々まで技巧を凝らした住宅様式となっているそうです。

Dsc_0461s


化粧櫓は、千姫が忠刻に嫁いだ際に、将軍から贈られた10万石の化粧料の一部を使用して建設されたといわれる櫓だということです。




Dsc_0464s

西の丸を出た時は2時を過ぎていました。

もう将くんもりょーまくんも空腹の限界だったに違いありません。

朝とは全く違う風景でした。

Dsc_0465s

よく考えると・・・

雨の情緒ある姫路城を見られたのはラッキーだったのかもしれません。

雨、雨上がり、そして晴れと、3つのパターンを一日で見られたのは、ある意味普段の行いが良いからかもしれませんねヽ(*≧ε≦*)φ

Dsc_0471s

道路を挟んで向かいのお土産屋さんの食堂で、遅いお昼を食べる事になりました。


Dsc_0466s

俺と将くんは官兵衛うどん。

嫁さんとりょーまくんはにゅうめん。

なぜ、これくらいしか注文しなかったって?


高いからだよ!!(;´д`)トホホ…


さすが観光地って感じです。


そして都会。


俺なら2口でいけそうなにゅう麺が800円超え。


Dsc_0467s


不味いわけではないので、美味しく頂きましたよ(*^-^)

まぁ、2時ですからね・・・

空腹度もMAXです。

Dsc_0473s

ムムッ!!

見つけてしまいましたぞぉ~|ω・)

Dsc_0470s

( ゚д゚)ホスィ…

コレです。

Dsc_0468s

嫁さんとりょーまくんは濃厚バニラ。

俺は桜味にしました。

ホント桜の香りがしましたよ。

桜餅の香りと同じです。

Dsc_0469s


将くんも、人生初のソフトクリームでした(o^-^o)

Dsc_0474s

お腹も満たして、駐車場へ。

Dsc_0472s


次も4人で来れるといいなぁ。

また違った姫路城が楽しめる事でしょう。

何年後になるかは別にして・・・



姫路から山陽自動車道に乗り、瀬戸大橋経由で一旦大野原で降りて。

食料品の買い物と晩御飯を家に帰ってからするのがしんどいので、済ませて帰る事にしました。

マルナカで買い物を済ませて、川之江の寿司ろうでご飯。



Dsc_0476s

将くんはとっても機嫌良く人生初のお寿司を食べていました。

もちろん1歳にもなってませんでしたので、生物は避けました。

りょーまくんは・・・・

椅子の上に上がったり、後ろの席を覗いてみたり、寝転がってみたり・・・と。


終始落ち着きが無い状態でした(-゛-メ)


まぁ、食べれるものが少ないのと、少し疲れが出たせいでしょうね。


以上、3月の神戸方面ミニ旅行でした´ω`)ノ


ポチッとよろしく!

|

« 3月21日 姫路城へ | トップページ | 4月2日 須崎 樽の滝へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/65210914

この記事へのトラックバック一覧です: 3月21日 姫路城 後半戦:

« 3月21日 姫路城へ | トップページ | 4月2日 須崎 樽の滝へ »