« 6月25日 り組のよさこい練習開始 | トップページ | 7月5日 粋な計らい »

2017年7月 9日 (日)

7月2日 甫喜ヶ峰へ

みなさん、こんにちは。

最近の将次朗くんです。

まだ歩きませんが。

ハイハイは熟練プロレベルにまでなりました( ̄▽ ̄)

Resize1340

行動範囲が広がったお蔭で、色んなワリコトをしてくれます。

将来は兄貴の後を継ぐのかな・・・



Resize1335

面白い事に、兄貴と性格は全く違う将くん。

何でも自分でやらないと気が済まないらしく。

ご飯を食べる時も、フォークとスプーンを離しません( ´艸`)プププ



Resize1337

最近では、悪い事も分かってきたらしく。

人の顔をチラッと見て、ニヤリとしてワリコトしにいきます。



Resize1336

でも、やっぱりまだ赤ちゃんです。

今月の16日で1歳3ヶ月です。




Resize1339

お母さんがいなくなると、見えていても大泣き。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


まだまだこれからですね。


まぁ、人は一長一短ですからね。

苦手な事やダメな所がないと、人間らしくないですもんね。





さて、7月2日の話です。

甫喜ヶ峰(ほきがみね)へ行ってきました。

毎度の事ながら、理由なんてありません(;´Д`A ```

小さい頃に何度か来たらしいんですが、全く記憶はありません。

記憶にあったのは名前くらいですね。


大豊町の少し高知寄りから橋を渡って東の山に入っていった所にあります。


Resize1308

敷地面積は結構広くて、地図アプリで見ても、そこそこ広いです。

歩いて森や林の中を散策出来る、山歩きの大きな公園的な感じですかね。

この日は大型バスが何台も来てて、お年寄りの方々が沢山来られてました。


公園入口の辺りに大きな駐車場があって、イベント広場やお土産品売り場もあります。



Resize1309

りょーまくんと2人で向かったのは、ほぼ山頂のアセビの森ゾーン。

この日は32℃を越える真夏日だったんですが、さすが山の上。

ちょっと涼しいんです(*^-^)



Resize1310

山の上の散策コースがあるので、迷路の様な散策コースを、りょーまくんが縦横無尽に駆け回りました。




Resize1311

何人かとすれ違いましたが、殆ど山頂の方には人が来ていませんで。



Resize1312

南の方を見ると、海まで見えます(≧m≦)



Resize1313

こちらは北向きです。

徳島県の祖谷の法学になりますかね~。

若干雲行きが怪しいです。



Resize1314

展望台から見ると、もっと綺麗に見えます。

多分、この方角だと、赤岡町か夜須町の辺りだと思いますが。

太平洋まで綺麗に見えます。

冬は空気が澄んでいるので、もっと綺麗に見えるかもしれませんね。


Resize1315

広葉樹林も多いので、紅葉が綺麗でしょう。

俺は色がはっきりと分からないので、そもそも紅葉が分かりませんが・・・(@Д@;


Resize1316

車を置いている山頂の広場から、少し下に下りて行くと、日本の森があります。



Resize1317

全国各地の木を集めた森林になっているようです。

ちなみに高知はヤナセスギです。



Resize1318

まったく(-ε-)

いつもの調子で下りるのだけは前向きなんですよね~┐(´д`)┌ヤレヤレ

でも、この日はいつもと違って、この坂を10往復くらい走りました。


部活か!!


お父さんは付き合いませんからね!!


Resize1319

いい加減付いて行くのに必死だったんで、ご飯で誘って、上の広場に戻って来ました。

ここでも敷物を広げてお昼を食べても良かったんですが、なにせ日陰がない・・・


Resize1320

日陰を求めて山頂の方に行ったら、風車があって行き止まり。



Resize1321_2

大きな風車が2基回っていました。

まぁ、そんなに風はありませんでしたからねぇ・・・


Resize1322_2

どうやら風車の所で行き止まりらしく、引き返すしかなさそう・・・



Resize1323

それは良いとして。

なんで風車が回ってるのに電力が0なんだろう・・・( ゚д゚)



一旦山を下りて、大豊方面へ進み、梶ヶ森の登山口から車で山に入っていきました。

途中、定福寺の前を通りました。

小学校4年生の時に学年全員で、この定福寺に泊り、梶ヶ森を登山しました。

途中、竜王の滝とかあって、楽しかった思い出があります。

自分の班の女子を含めた数名の生徒と先生が道に迷って帰ってこれなくなり、騒動した覚えがあります。

現代だったら大問題になっていたかもしれませんね(;;;´Д`)

もう33年も前の話ですから。

早くご飯を食べなさいと先生に言われて、ウチの班の女子がまだ帰ってきてないのに、飯なんか食えるか~!!

って言った一言に、当時担任の先生だった伊藤先生が感動したと言っていたのを覚えています。



そんな事を思い出しながら。

大栃に抜ける道をナビで探すと、どうやら京柱峠という山を越えて、山の反対側から行けるみたい。


仕事と正反対で、安易に考えて行動するのは俺の悪い所・・・(;´▽`A``




Resize1326

峠まで約30分くらい山を登って、やっとお昼ご飯。

クーラーボックスで冷やしていたソーメンをかけこむりょーまくん。

よほどお腹が空いていたに違いない。

ゴメンネ~(。>0<。)



Resize1327

京柱峠を越えて、山を下った所が祖谷方面との分岐になっています。



Resize1328

峠にはお店があって、うどんが有名みたい。

人が来るんだろうか・・・

っといいながら、確かに大豊の入り口でそんな看板を見たような・・・



分岐まで下って来て、大栃方面への道に入った途端、スーパー林道∑(゚∇゚|||)



Resize1329

もう車が走る道じゃねーよってくらいのボコボコのガタガタ(@Д@;

轍で車の底を擦ったり、路肩が崩れていたり、木が倒れてたり・・・

とてもまともに進めん・・・


Resize1333

こんなところ、乗用車が走る道じゃないよなぁ・・・( ̄Д ̄;;

って、ホントに行けるのかね。

早く抜けたい・・・



なんて思いながら走っていると。


Resize1330

散々走らされた挙句に通行止め(つд⊂)エーン

大栃への道は閉ざされたんで、仕方なく手前にあった橋を渡って川の反対側へ。

地図に無かったんで、怪しいとは思ったんですが・・・


Resize1332

やはり道路作成中(´Д⊂グスン


もう、遭難だな、こりゃ(;´д`)トホホ…

空の雲行きは悪くなってくるし・・・


でも、立ち止まってても仕方ないんで、あのガタガタ、ボコボコのスーパー林道を40分かけて分岐まで戻り。


そこから祖谷方面に向かいました。


Resize1331

そんな事を知ってか知らいでか、りょーまくんは京柱峠から降りてきた辺りから夢の中。


Resize1334

30分くらい走って祖谷に到着しました。

かずら橋でも見て、帰りに温泉でも入るか・・・なんて言ってたら。

途中から雷が鳴って豪雨( ̄◆ ̄;)


みなさん、殆どの車が停車していました。

高知県人はこれしきの雨、慣れてますんでね(=´Д`=)ゞ


そのまま帰宅。

よさこいの練習には行けませんでした~ヾ(;´Д`A


では、また(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ






ポチッとよろしく!

|

« 6月25日 り組のよさこい練習開始 | トップページ | 7月5日 粋な計らい »

旅行・地域」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521553/65500331

この記事へのトラックバック一覧です: 7月2日 甫喜ヶ峰へ:

« 6月25日 り組のよさこい練習開始 | トップページ | 7月5日 粋な計らい »